2015年06月

2015年06月30日

安倍と言論界(2)

There was a good deal of popular outrage when news of this dinner came to light, but not one of the newspapers whose editors dined with Mr. Abe that evening has yet offered an explanation for why it happened.

good deal:多量

その夕食のニュースが明るみになった時、世論には多く怒りがあったが、その編集者が安倍氏と食事をした新聞社のうち1社もなぜそれが起きたのか、説明をしていない。

And this is just the tip of the iceberg. My own survey of publicly available information about the prime minister’s movements reveals that in the 17 months since he has come to power, he has broken bread with prominent media figures on no fewer than 36 occasions. The list includes the presidents and chief editorial writers of numerous news agencies and national and local newspapers. Every one of these meals took place not in the prime minister’s official residence, but in the more intimate, convivial atmosphere of private restaurants.

break bread:食事をする
intimate:私的な/隠れ家のような
convivial:楽しい

また、これは氷山の一角に過ぎない。私自身がこうした首相の動きについて公式に入手可能な情報を調べた結果、彼が政権に就いてからの17か月で、少なくとも36回は著名なメディア界の人物と食事をしている。そのリストは多くの通信社、全国紙、地方紙の社長・論説委員長を含んでいる。これらの食事はいずれも首相公邸ではなく、より私的で楽しい雰囲気の民間のレストランで行われた。

Continue reading the main story
During the six months after the earthquake and tsunami of March 2011, Prime Minister Naoto Kan never dined with media personalities. Prime Minister Yoshihiko Noda had just six such meals while he was in power, from September 2011 through December 2012 — an average of once every two months, compared with twice a month for Mr. Abe.

本筋を読み続ける
2011年3月の地震と津波の後の6か月間、菅直人首相はメディアの著名人とは一切食事をしなかった。野田佳彦首相は2011年9月から2012年12月までの政権期間中、そのような食事はわずか6回しか行わなかった。安倍氏が1ヵ月に2回なのに対し2か月に1回平均である。

Mr. Abe has made a priority of cultivating relations with the media. He has increased his cabinet’s media budget for this fiscal year by almost one-third over the previous year, to a total of roughly $64 million. And he is becoming increasingly blatant in his approach. Before the Yasukuni Shrine dinner, there was one on Dec. 16, not long after the enactment of the Special Secrets Protection Bill, a controversial law that could be used to jail journalists who publish, or just try to obtain, information that the government considers to be sensitive. Since then, he seems to have taken to holding meals with the media after all important political events.

blatant:露骨に
take to:〜を好きになる/手段を取る

安倍氏はメディアとの関係を高めることを重視してきている。彼は内閣の今期のメディア予算を昨年よりほぼ3分の1増やし、全体で約6,400万ドルとしている。また、彼のやり方は、益々露骨になっている。靖国神社の件での夕食以前には、政府が慎重に扱うべきものと考える情報を公開あるいは単に獲得しようとするジャーナリストを投獄するために使用され得る、論争を呼ぶ法律である特定秘密保護法案の成立後まもなくの12月16日に1度あった。それ以来、あらゆる重要な政治的イベントの後にメディアとの食事を持つようになっている。

The prime minister dined with former political editors on April 2, the day after Japan’s sales tax was raised from 5 percent to 8 percent. (It is a controversial move: An earlier such hike brought down the previous administration, led by the Democratic Party of Japan, paving the way for the return of Mr. Abe’s Liberal Democratic Party.) On May 15, the very night the prime minister announced that his administration was considering reinterpreting Japan’s pacifist Constitution to allow it to exercise its “right of collective self-defense,” the prime minister went out for sushi with many of the same editors he had dined with after the Special Secrets Protection Bill became law.

hike:引き上げ
pave the way:道を作る/下地を作る

消費税が5%から8%に上がった翌日の4月2日、首相は先の政治記事編集者と食事をした。(それは論争の的になる動きである。以前のこのような引き上げは日本民主党による前政権を打倒し、安倍氏の自由民主党が復活する道を作った。)首相が、日本が“集団的自衛権”を行使できるようにするために平和憲法の再解釈を検討していると発表した5月15日のその夜、特定秘密保護法案が法律になった後に食事に行ったのとほぼ同じ編集者達と寿司を食べに出掛けている。

Even worse than Mr. Abe’s efforts to ingratiate himself with the media is the media’s willingness to play along. Ever since the Meiji period, when Japan began struggling to transform itself into a modern nation-state, the media has been dominated by organizations known as “press clubs.” There are about 800 of these clubs in the country now, at levels ranging from the local to the national. Members gain privileged access to politicians and information, as well as the use of office space rent-free; freelancers are limited. As a result, many journalists naturally drift closer to authority over time. And the more established they are, the more incentive they have to act like “citizens the prime minister will respect.”

ingratiate:取り入る

安倍氏によるメディアの機嫌を取ろうとする動きよりももっと良くないのは、メディアが調子を合わせることに乗り気であることである。日本が近代国民国家に転換するために奮闘し出した明治期以降ずっと、メディアは“記者クラブ”として知られる組織に支配されてきている。そのクラブは現在、地方から全国的なレベルまで約800ある。メンバーは賃料なしでの事務所スペースの利用の他、政治家やその情報へ特権的にアクセスすることができる。フリーランスは制限されている。結果として、多くのジャーナリストは自然と徐々に権威の方に流されていくのだ。それが確立されればされるほど、彼らは“首相が尊敬する市民”のように行動する動機が働くのだ。

Mr. Abe has outdone previous prime ministers in exploiting this tendency. How much further can he go before Japan has no more newspapers its citizens will respect?

exploiting:利用する
outdo:〜をしのぐ

安倍氏はこうしたメディアの性質を活用することにおいて前任の首相達をしのいでいる。日本から市民が敬意を持つ新聞社がなくなってしまう前に、彼はどこまでのことをやってしまうのだろうか?

Norihiro Kato is a literary scholar and a professor at Waseda University. This article was translated by Michael Emmerich from the Japanese.

加藤典洋は文芸評論家で早稲田大学の教授である。この記事はMichael Emmerichによって日本語から翻訳された。

火曜日。今日はこれまで。昨日、スケートの怪我で入院した。今ままで何度も骨折しているので、大したことはないと思って、聖路加病院の整形外科に行ったら、即時2週間の入院となってしまった。2週間安静なので、ちょうどいい機会だから、10kg痩せることにした。重すぎだ。寝たきりなので、書くのは大変。ではまた明日。


swingby_blog at 07:56コメント(0)トラックバック(0) 

2015年06月29日

太平洋での海洋保護 太平洋の小国は漁獲禁止を検討している (2) 安倍と言論界

Enforcement is another obstacle. Palau has only one boat capable of patrolling its EEZ. Many tuna bandits escape detection. Technology could help: last year the country tested surveillance drones. The problem is money. Japan and America have helped fund enforcement. Both have an interest because of their fishing deals with Palau. But they may not want to fund a system that locks them out of its waters altogether. 

bandit:強盗/山賊 

実行監視がもう1つの障害である。パラオは自身のEEZをパトロールできるボートを1つしか持っていない。多くのマグロ密猟者は捜査を免れている。テクノロジーがその助けになり得る。昨年、パラオは監視用ドローンをテストした。問題は資金である。日本とアメリカは実行監視に資金捻出を手助けしている。両国ともパラオとの漁業取引があるため興味を持っているのだ。しかし、両国はパラオの水域から彼ら自身を完全に締め出すシステムに資金提供することはしたくないはずだ。 

これはニューヨークタイムズだ。 

Abe and the Fourth Estate 
JUNE 12, 2014 
Norihiro Kato 

fourth estate:言論界 

安倍と言論界 

TOKYO — Last December, around the time Prime Minister Shinzo Abe thrust his Special Secrets Protection Bill on Japan despite popular opposition, a bizarre advertisement for the daily Asahi Shimbun appeared in subway stations across Tokyo. The poster showed a well-known former boxer, now in his 60s, poring over a newspaper spread on his desk. The text read: “I want to be a citizen the prime minister will respect.” 

thrust:押し付ける/強く押す 
bizarre:異様な/風変わりな 
pore over:じっくりと見る 

安倍晋三首相が国民の反対にもかかわらず日本に特定秘密保護法を押し付けた昨年12月頃、日刊の朝日新聞の奇妙な広告が東京中の地下鉄駅に現れた。そのポスターには机の上に広がった新聞をじっくりと見ている、現在60歳の有名な元ボクサーが映っていた。“私は首相が尊敬してくれるような市民になりたい”という文章が書いてあった。 

The ad caught the public’s eye, but it garnered overwhelmingly negative reactions, ranging from befuddlement to anger. As one freelance journalist argued, the newspaper’s self-portrayal was at odds with the so-called Canon of Journalism adopted by the Japan Newspaper Publishers and Editors Association in 2000. Those guidelines state, among other things, that “the public’s right to know” in a democracy “cannot be ensured without the existence of media, operating with the guarantee of freedom of speech and expression, while being totally committed to a high moral standard and fully independent.” The Asahi Shimbun has yet to respond satisfactorily to this criticism. 

garner:を集める 
overwhelmingly:打ちのめすように/圧倒するように 
befuddlement:困惑 
at odds with:〜と意見が食い違って/争って 
canon:規範 

その広告は大衆の目に留まったが、困惑から怒りに至るまで圧倒的に否定的な反応を集めた。あるフリーランスのジャーナリストが述べたように、その新聞社による自分自身の描写は2000年に日本新聞協会が採用した、いわゆる新聞倫理綱領と食い違っている。そのガイドラインは、とりわけ、言論の自由、表現の自由が保証された状態で運営され、更に、高い倫理水準にコミットし完全に独立しているメディアの存在なしに、民主主義における“国民の知る権利”は保証され得ないと述べている。朝日新聞はこの批判に対し満足いくようには未だ応えていない。 

The implications of this peculiar ad are troubling. And they seem to be borne out by several incidents that have taken place in its wake, which raise serious doubts about just how “fully independent” Japanese papers really are. 

peculiar:奇妙な 
implication:引き起こされる結果 

この奇妙な広告から引き起こされる結果は厄介である。また、そうした結果は、その広告に続いて起こる幾つかの出来事によって生まれ、日本の新聞は本当に“十分独立しているのか”ということへの深刻な疑いを生じさせる。 

One galling example occurred on Dec. 26, 2013, when Mr. Abe became the first sitting Japanese head of state in seven years to visit the Yasukuni Shrine in Tokyo, the controversial memorial said to house the spirits of Japan’s war dead, including those of convicted war criminals. That very evening, Mr. Abe had dinner with the political editors and writers of Japan’s most prominent newspapers, including Asahi, Yomiuri and Mainichi. The next day, only one of the prime minister’s dinner companions wrote about his visit to the shrine. 

galling:イライラさせる 
controversial:議論の的になる 

1つの苛立たしい事例は、安倍氏がこの7年間で東京の靖国神社を訪問した初の現職の首脳になった2013年12月26日に起きた。靖国神社とは、戦犯と宣告を受けた人達を含む日本の戦没者の魂を納めているとされる議論の的になる記念するところである。まさにその日の夕方、安倍氏は朝日、読売、毎日を含む日本の最も著名な新聞社の政治担当の編集者、記者と夕食をした。翌日、首相との夕食に参加したうちのわずか1社だけが、彼の神社への参拝について書いたのみであった。 

The sole exception, Mainichi’s political editor, criticized the visit for harming the national interest by predictably causing an international stir. But he also noted “the significance of the prime minister’s motivation, which was to express his veneration for the spirits of the heroes who sacrificed their lives for Japan.” The piece was noticeably gentler on Mr. Abe than the paper’s editorial of the same day, suggesting that the author’s personal interactions with Mr. Abe may have swayed his views in the prime minister’s favor. 

predictably:予想通りに
stir:トラブル/騒ぎ/動揺 
veneration:畏敬の念 
editorial:社説 
noticeably:著しく
sway:影響を与える/揺さぶる 

唯一の例外である毎日新聞の政治記事編集者は、予想通りに国際的な騒ぎを引き起こすことによって国益を損ねているとして、その訪問を非難した。しかし、彼は、“日本の為にその命を犠牲にした英雄達の魂に対する畏敬の念を示すという首相の動機の重要性“にも言及した。その記事はその新聞社の同日の社説よりは安倍氏にずっと寛大であり、著者の安倍氏との個人的な交流が彼の見方を首相の有利な方に揺さぶっているだろうということを暗示している。 

月曜日。今日はこれまで。昨日はひどいぎっくり腰になってしまった。日曜日だったが聖路加病院に行った。今日はもう一度、用心をとって診察してもらう。今日の朝の異業種交流会は欠席する。昼のアポは病院次第だ。愚妻は入院しろというが、あまりしたくない。ではまた明日。

swingby_blog at 07:07コメント(0)トラックバック(0) 

2015年06月28日

太平洋での海洋保護 太平洋の小国は漁獲禁止を検討している

これはエコノミストだ。 

Marine protection in the Pacific 
No bul 
A tiny Pacific nation considers a ban on fishing 
Jun 7th 2014 | PALAU | From the print edition 

bul:パラウでの漁獲保護地域

太平洋での海洋保護 
太平洋の小国は漁獲禁止を検討している 



IN PALAU, the traditional prescription for an ailing reef is a fishing ban called a bul. Local chiefs may declare a bul to rest a busy fishing spot or protect endangered sea turtles. Now Palau’s president has a more drastic plan. He proposes a complete ban on commercial fishing—a bul to turn the 600,000 square kilometres (232,00 square miles) of Palau’s Exclusive Economic Zone (EEZ) into a marine reserve the size of Ukraine. Locals could still fish close to shore, but not for export. 

prescription:処方箋 
ailing:病んでいる 
bul:パラウでの漁獲保護地域 

パラオでの傷んだ岩礁への従来の処方箋は「パラウでの漁獲保護地域」と呼ばれる漁獲の禁止である。地元の責任者達は「パラウでの漁獲保護地域」のことを、頻繁に漁獲が行われる場所を休ませるため、あるいは絶滅の危機に瀕したウミガメを保護するためのものだと言明するだろう。現在、パラオの大統領はより劇的な計画を持っている。彼は商業漁業の完全な禁止を提案している。600,000立方km(23,200立方マイル)のパラオの排他的経済水域(EEZ)をウクライナと同じ大きさの海洋保護区にする「パラウでの漁獲保護地域」である。地元民は引き続き海岸近くで漁獲ができるが、輸出用にはできない。 

The ban would last until world leaders implement programmes “to reverse the devastation to our oceans and seas”, Palau’s president, Tommy Remengesau, recently told the United Nations. Environmentalists have rallied to his cause. Such reserves are usually declared by countries with fishing grounds and cash to spare. Palau has a population of 20,000 and a GDP of $246m. 

その禁止は世界のリーダー達が“我々の海洋”への破壊を食い止めるプログラムを実行するまで続く、とパラオ大統領のTommy Remengesauは先日、国連へ話をした。環境保護主義者達は彼の理念の下に集結している。そうした保存は通常、漁場を持つ国や資金に余裕のある国が主張する。パラオは人口2万人、GDPは2億4,600万ドルである。 

A total ban might hurt Palau, which is part of Micronesia, 800km (500 miles) east of the Philippines. Though small, its waters are full of bigeye and yellowfin tuna. Japanese and Taiwanese boats pay to fish there, helping Palau earn $5m in revenue from fishing taxes and licensing fees in 2013. That is a lot for a microstate with an annual government budget of only $70m. And fishing revenues have been growing thanks to a regional negotiating block. Together, eight remote Pacific states control 14m square km of tuna-rich waters. They have forced Asian and American ships into a cap-and-trade scheme that boosts access fees by limiting total fishing days. 

cap-and-trade:キャップ・アンド・トレード◆温室効果ガスの排出権取引制度の最も一般的な形式。政府が企業に排出枠を割り当て、その一部を他の企業と取引できる仕組み

全面禁止はフィリピンの東800km(500マイル)にあるミクロネシアの1部であるパラオに損害を与えるだろう。小さいが、その水域はメアジやキハダマグロの宝庫である。日本と台湾の漁船はそこで漁獲をするために支払いをしており、2013年にはパラオに漁獲税やライセンス料で500万ドルの収入をもたらしている。その額は年間の国家予算がわずか7,000万ドルという小国にとって大きなものだ。また、漁業収入は地域的な交渉グループのおかげで増加してきている。太平洋の8つの離れた国が一緒になって、1,400万立方kmのマグロが豊富な水域を管理している。それらの国は、アジアやアメリカの漁船に対し、トータルの漁獲日数によって利用料を値上げするキャップ・アンド・トレード制度を課している。 

In an age of collapsing fish stocks, the relative health of fisheries in the western Pacific has given island states a rare measure of economic influence. Palau’s bet, however, is that its fish are worth more in the water than out. Mr Remengesau doubts that small islands will ever capture more than “a drop” of a tuna fishery worth billions but dominated by foreign fleets. Ecotourism, meanwhile, accounts for about half of Palau’s GDP. 

bet:意見 

漁場資源が崩壊しつつある時代にあって、それに関連する西太平洋の漁場の健康状態は島国にめったにない経済的影響力を行使する手段を与えてきている。しかし、パラオの意見は、魚は漁獲されるより海の中にいる方が価値があるというものだ。Remengesau氏は小さな島が外国船団に支配されている数10億ドルの価値のあるマグロ漁場の“わずかな”量以上を捕獲するということに疑問を抱いている。一方、エコツーリズムはパラオのGDPの約半分を占めている。 

Palau’s leaders hope that a national marine reserve will lure enough tourists to offset lost fishing revenue. Failing that, the president says, Palau could simply raise tourist fees, or build a casino. Tourism is a fickle industry, though: arrivals to Palau in 2013 dropped 12% from the year before as Asian demand weakened. 

lure:引き付ける 
fickle:不安定な/変わりやすい 

パラオの指導者達は国の海洋保護区が失われる漁業収集を補うのに十分な旅行者を引き付けることを願っている。大統領は、もしうまくいかなければ、パラオは単純に観光の料金を上げるか、カジノを作ると言っている。しかし、観光は不安定な産業である。2013年のパラオへの来訪者は、アジアの需要が弱まったので、前年よりも12%下落した。 

Palau has, over the years, been ruled by Germany, Japan and America. Now it is an independent democracy, “in free association” with America, which is responsible for its defence. The democratic system means a bul now requires more than a chief’s word. Mr Remengesau has yet to submit his ban to the legislature. He must first woo representatives of Palau’s 16 states, spread across 250 islands, many of which depend on fishing revenues. 

woo:懇願する 

パラオは長年にわたりドイツ、日本、アメリカに支配されてきている。現在は独立した民主主義国であり、その防衛に責任を持つアメリカとの“自由同盟”に加盟している。その民主主義システムとは、現在の「パラウでの漁獲保護地域」が1人の首長の言葉以上のことを必要とするということである。Mr.Remengesauは議会に禁止法を提出していない。彼はまず、その多くが漁業収入に頼っている250の島にわたるパラオ16州の代表者達の支持をえなければならない。 

日曜日。今日はこれまで。昨日は海野塾と納涼会があった。今日はスケートだけだ。英語の先生は一ヶ月アメリカに帰ってしまった。今日は英語の資料の整理だ。小説も書けるかもしれない。ではまた明日。

swingby_blog at 08:37コメント(0)トラックバック(0) 

2015年06月27日

日本の高級車 インフィニティの限界 日本の高級自動車ブランドは未だドイツのライバル達に大きな後れを取っている。(2)

Lexus’s initial success in America spurred the Germans to fight back hard, spending heavily on designing vehicles whose technical brilliance opened motorists’ wallets, and on broadening their ranges to fill every possible niche. As the German brands successfully exploited rising demand for smaller premium cars, the Japanese were unable to keep up. Lexus and Infiniti make just a handful of models and Acura fewer still. BMW, Audi and Mercedes have dozens, and are launching new ones with bewildering rapidity. Mercedes is bringing out roughly one new model each quarter until 2020. 

bewildering:途方に暮れるほどの/呆れるほどの 

レクサスによるアメリカでの最初の成功はドイツ勢を刺激し激しい反撃をさせ、彼らはその技術の卓越さで自動車ユーザーが財布を開くような自動車を設計し、可能な限りのニッチに対応するために製品の幅を広げることに大金を使った。ドイツブランドが小型の高級車に対する需要増大をうまく開拓した一方、日本勢は追随することができなかった。レクサス、インフィニティは一握りのモデルしか持っておらず、アキュラは更に少ない。BMW、アウディ、メルセデスは数十のモデルを持っており、途方に暮れるほどの速さで新車種を発表している。メルセデスは2020年まで、おおよそ4半期に1つの新車種を発表する。 

Instead of drawing the lesson that they need to give higher priority to building their premium brands, the Japanese car giants have generally treated them as afterthoughts, their bosses devoting more attention to the mass-market models they are most comfortable making and selling. At one point Carlos Ghosn, Nissan’s boss, considered scrapping Infiniti altogether. 

afterthought:後の産物/結果論 

高級ブランドを築き上げることにより高いプライオリティを置く必要があるという教訓を得るどころか、日本の自動車メーカー大手は概してそれを結果論として扱ってきており、幹部達はその製造・販売を最も心地よく感じる大衆車種により多くの注意を向けている。ある時、日産のトップであるカルロス・ゴーンはインフィニティを完全に廃止することを考えた。 

The lack of focus on premium marques has left the Japanese carmakers struggling in China, soon to be the biggest market for luxury cars. The German upmarket brands have done a wonderful job of persuading China’s new rich that riding around in one of their models is the best way to say: “I have arrived.” BMW now makes 30% of its profits in China. 

高級ブランドへのフォーカスが足りないことで、日本の自動車会社は、すぐに最も大きな高級車市場となる中国でも苦戦したままである。ドイツの高級市場向けブランドは、中国の新たな富裕層に彼らの車種のどれかを乗り回すことが“私は成功した”と言う最も良い方法だと思わせるという素晴らしい仕事をやってのけた。BMWは現在、中国で利益の30%を得ている。 

Given the political tensions between the two countries, the Japanese marques start off with a handicap. Moreover, as Toyota’s boss, Akio Toyoda, recently conceded for his own Lexus models, Japanese premium cars have “no heritage, no narrative”—and it turns out that well-off Chinese motorists care about this as much as Europeans do. JLR’s brands have heaps of heritage, especially Range Rover and its association with British royalty. Last year JLR overtook Lexus as the fourth-largest prestige car brand in China. 

concede:敗北を認める 

この2ヶ国の政治的な緊張を考えると、日本のブランドはハンディキャップをもって始めることになる。さらに、トヨタのトップである豊田章男が最近、自身のレクサスモデルについて敗北を認めたように、日本の高級車には“伝統、物語”がない。裕福な中国の自動車ユーザーはヨーロッパの人がそうであるのと同じくらいそのことを気にすることが分かった。JLRのブランドは大きな伝統がある。特に、レンジローバーと英国王室とのつながりである。昨年、JLRは中国において4番目に大きな高級車としてレクサスを追い越した。 

Unlike their European rivals, the three Japanese car giants have done little to tailor their premium model range to Chinese tastes. And, although Infiniti and Acura plan to do so, none currently assembles its cars in China. So they incur import tariffs of 25% that German firms, with their thriving joint ventures with Chinese makers, do not have to pay. And as Lin Huaibin at IHS Automotive, a research firm, points out, Audi has 350 dealerships in mainland China, whereas Lexus has only 120. 

incur:負う/負担する 
thriving:盛況な/好調な 

ヨーロッパのライバル達とは違い、日本の3大自動車メーカーは高級モデルクラスを中国テイストに調整することはほとんどしていない。また、インフィニティとアキュラはそうしようと計画しているが、どちらも現在のところ中国で組み立てをしていない。そのため、彼らは、中国メーカーとの盛況なジョイントベンチャーのためにドイツ企業が払う必要のない25%の輸入関税を負担している。また、調査会社HIS AutomotiveのLin Huabinが指摘しているように、アウディは中国本土で350の販売特約店を持っており、一方、レクサスはわずか120である。 

More passion, more freedom 
Head offices are belatedly getting into gear. Mr Toyoda is taking personal responsibility for Lexus, acknowledging that, like Infiniti, its cars need more “passion” in their styling. Nissan is giving Infiniti more independence, in the same way as VW gives Audi a free hand. (Not coincidentally, it provides almost half of VW’s profits.) Infiniti’s head office has been moved from Japan to Hong Kong and a former Audi man has been brought in as boss to polish up the brand. Infiniti has just opened design studios in London, San Diego and Beijing. 

より情熱的なデザインで、より自由に 
本社は遅ればせながらギアを入れ始めている。インフィニティのようにより“パッション”のあるスタイルが必要だと認識し、豊田氏はレクサスについて個人責任を取っている。フォルックスワーゲンがアウディに自由裁量を与えているように、日産はインフィニティにより多くの独立性を与えている。(偶然ではなく、アウディはフォルックスワーゲンの利益のほぼ半分を生み出している。)インフィニティの本社は日本から香港に移され、ある元アウディの男がそのブランドを磨き上げるためにトップとして呼び入れられている。インフィニティは丁度、ロンドン、サンディエゴ、北京にデザインスタジオをオープンしている。 

These efforts may help the Japanese premium marques, in time. But they come as the market is getting more crowded. Kia and Hyundai of South Korea are bringing out attractively priced upmarket models. Alfa Romeo and Maserati of Italy are making a comeback. And mass-market car firms, from Ford to Peugeot, are trying to “premiumise” parts of their range to boost profits. To compete properly all three Japanese brands need years of heavy investment and attention from above. Lexus has the critical mass of sales, and the promising new models, to keep it in the race. The future for Acura and Infiniti seems far less assured. In this business the Germans always seem to be moving a little bit faster. 

in time:やがて 

こうした取り組みはやがて日本の高級ブランドの助けになるだろう。しかし、彼らがそうなってきたのは市場がより混み合っている時で、韓国のキア、ヒュンダイは目を引くような価格設定の高級モデルを販売している。イタリアのアルファロメオ、マセラッティは復活してきている。また、フォードからプジョーにいたる大衆車メーカーは利益を拡大するために製品群の一部を“高級化”しようとしている。しっかりと競争するためには、日本の3大自動車ブランドは何年にもわたる大きな投資と上層部からの関心が必要である。レクサスは競争に加わっていられるだけのクリティカルマスの売上、有望な新モデルを持っている。アキュラ、インフィニティの将来はずっと確実でないように思える。このビジネスでは、ドイツ勢がいつも少しだけ早く動いているようだ。 

土曜日。今日はこれまで。昨日の昼も午後も健康食品の中国への販売の打ち合わせがあった。さらに、企業買収などの相談もあった。一日大忙しだった。今日の海野塾の予習も十分にはできなかった。今日は一日海野塾で、夜は納涼会がある。ではまた明日。

swingby_blog at 08:07コメント(0)トラックバック(0) 

2015年06月26日

日本の高級車 インフィニティの限界 日本の高級自動車ブランドは未だドイツのライバル達に大きな後れを取っている。

これはエコノミストだ。

Japanese luxury cars 
The limits to Infiniti 
Japan’s premium motor brands are still far behind their German rivals. The giant carmakers that own them are missing out on pots of potential profit 
Jun 7th 2014 | From the print edition 

日本の高級車 
インフィニティの限界 
日本の高級自動車ブランドは未だドイツのライバル達に大きな後れを取っている。そのブランドを持つ大手自動車メーカーは大きな潜在的利益を見逃している。 

 
A MONTH before launching Lexus in America in 1989, Toyota considered running a television advertisement showing German aristocrats at a wild party in a hilltop castle. The voice-over intoned that the Teutons had dominated upmarket, high-performance cars for nearly 60 years but they had only “30 days left to enjoy it”. 

aristocrat:極上種 
voice-over:ナレーターの声 
intone:厳かに話す 
the Teutons:ドイツ人 ゲルマン民族の一派; 今はドイツ・オランダ・スカンジナビアなど北欧民族
upmarket:高所得者層の

1989年にアメリカでレクサスを発売する1ヵ月前、トヨタは丘の上の城での熱狂したパーティー会場でドイツの最高級車を映し出すテレビ広告を流すことを考えていた。ナレーターの声は、ドイツ人は高級市場向けの高性能車を60年近く独占してきているが“それもあと残り30日”だと厳かに話すものだった。 

The ad never made it to the TV screens, which is just as well: three German brands, Mercedes, BMW and Volkswagen’s Audi, have become ever more dominant as emerging-markets growth has expanded global demand for premium cars. Lexus, Acura and Infiniti, the upmarket brands dreamed up in the 1980s by Japan’s big three carmakers, Toyota, Honda and Nissan, have been left trailing (see chart). Together the German trio now have 70% of the market for fast, expensive and luxurious cars, whereas the Japanese have just 10%. And they are being overtaken by Jaguar Land Rover (JLR), a British (but Indian-owned) firm, which last year sold almost half a million cars, just behind Lexus. 

just as well:かえって幸いな 
trail:後を追う/リードされている 

その広告はテレビスクリーンには映し出されなかったが、それはかえって良かった。メルセデス、BMW、フォルックスワーゲンのアウディのドイツの3ブランドは、新興市場の成長が高級車への世界的な需要を拡大するのと共に、より一層優勢を強めている。日本の3大自動車メーカーであるトヨタ、ホンダ、日産が1980年代に考えた高級市場向けブランドであるレクサス、アキュラ、インフィニティは後塵を拝したままである(図を参照)。現在、ドイツ3社を合せると、高速で高価で豪華な車の市場の70%を占めており、一方、日本勢はわずか10%である。また、日本勢は、昨年、レクサスに続いて約50万台を販売した英国企業(しかし、インド企業に保有されている)ジャガーランドローバ(JLR)に追い越されている。 

The Japanese three are making renewed efforts to close the gap on the Germans. Last month Infiniti said it was redesigning its cars, starting with the new Q50 (pictured), to give them a more “passionate” Latin feel, distinguishing them from the “cold and clinical” German models. Lexus is about to launch a baby SUV, the NX, to rival JLR’s successful Range Rover Evoque and similar cars from Audi and BMW. Acura is pinning its hopes on the new RLX, a sleek, stretchy saloon. 

clinical:殺風景な 
sleek:流線型の 
saloon:セダン型自動車 

日本の3社はドイツ勢との差を縮めるために新たな取り組みを行っている。先月、インフィニティは“情熱的な”ラテン的印象とするために、新型のQ50(写真)で始まる再デザインを行っているとし、 “冷たい印象で殺風景な”ドイツ車との違いを目立たせている。レクサスは、JLRの成功を収めているレンジローバーイヴォークやアウディ、BMWの同様の車種に対抗するための小型SUVのNXを発表するところである。アキュラは流線型で広々としたセダンの新型RLXに期待をかけている。 

For Toyota, Honda and Nissan, their premium divisions are, or at least should be, far more than just nice little sidelines. Profits in the fiercely competitive mass market can be vanishingly small, whereas those on upmarket models can be thousands of dollars per vehicle. So any improvement in the carmakers’ sales of premium models would have a disproportionate effect on their overall results. As Andy Palmer, a Nissan executive, puts it, premium models account for “12% of the volume and 50% of the profits” of the entire car industry. 

sideline:副業 
puts it:言う

トヨタ、ホンダ、日産にとって、高級車クラスはただの少し調子のよい副次的商品以上のものであるべきである。激しく競合しているマス・マーケットでの利益はほとんどないくらいに小さく、一方、高級市場向け車種の利益は1台当たり数千ドルになり得る。そのため、高級車販売の改善は全体の結果に極めて大きな効果を持つ。日産の幹部のアンディ・パーマーは、高級車は自動車産業全体で“12%の数量を占め、50%の利益を占める”と述べている。 

At first the Japanese carmakers’ premium marques were aimed mainly at the American market, and got off to a good start. Their mass-market brands had given anything Japanese-made a reputation for reliability. The new, premium models were technically advanced compared with Lincolns and Cadillacs, Detroit’s upmarket offerings, and cheaper than their German rivals. By 2000 Lexus was the best-selling luxury-car brand in America, a position it held for more than a decade. 

marque:ブランド 

当初、日本の自動車メーカーの高級ブランドは主にアメリカ市場向けであり、幸先の良いスタートを切った。日本製のあらゆるマス・マーケットブランドは信頼性に関して高い評価を与えられてきていた。新型の高級モデルは、デトロイトの高級市場向け製品であるリンカーンやキャデラックと比べ、技術的に進んでおり、ドイツのライバルよりも安価であった。2000年まで、レクサスは10年以上に渡ってアメリカで最も売れた高級車ブランドであった。 

 

However, tarting up mainstream models with a bit of wood and leather may have impressed American motorists, who care more about value than styling, but it did not impress image-conscious European buyers. Acura, perhaps sensing the futility of the task, avoided Europe altogether. Since their premium brands had failed to go global, the Japanese carmakers were reluctant to give them the resources to keep up with the competition. 

tart up:飾り立てる 
futility:無用であること 

しかし、わずかな木やレザーしか使わずに主力モデルを飾り立てることはスタイルよりも価格を気にするアメリカの自動車ユーザーにはいい印象を与えたかもしれないが、イメージを重視するヨーロッパの買い手にはそうでなかった。おそらくその取り組みが効果のないものだと感じていたアキュラは全くヨーロッパに近づかなかった。高級ブランドがグローバルになっていなかったため、日本の自動車メーカーはその競争に付いていくための経営資源を高級ブランドに投入することを渋っていた。 

金曜日。今日はこれまで。昨日は友人のMark Fordが関与しているAVONに講演に行った。彼と会うのは久しぶりだったので、楽しかった。最近仕事が色々入ってきているので、超多忙だ。今日も昼食と午後は中国市場開拓関係の打ち合わせだ。最近の中国市場は凄くなってきているので、日本企業は色めき立っている。ただ、この市場は昔から難しい。ではまた明日。

swingby_blog at 05:30コメント(0)トラックバック(0) 

2015年06月25日

日本は中国と係争中の国々への支援を提供する (2)

Territorial Disputes in the Waters Near China
China has recently increased its pursuit of territorial claims in nearby seas, leading to tense exchanges with neighboring countries. A map of some of the most notable disputes.

中国近海での領有権紛争
中国は最近、近海における領有権主張の追求を強めてきており、近隣諸国との緊迫したやり取りを引き起こしている。最も注目すべき紛争地図の1つのである。




“We are now able to send out Japan’s superb defense equipment,” he said, for purposes such as “rescue, transportation, vigilance, surveillance and minesweeping.” He said military equipment could be included in the aid that Japan would offer to Southeast Asian nations facing Chinese claims in the South China Sea.

vigilance:警戒/用心

彼は“我々は今、救援、輸送、警戒、監視、掃海作業といった目的のために、最高水準の武器を送ることができる”と述べた。武器は南シナ海における中国の主張に直面している東南アジア諸国へ提供する支援に含まれると述べている。

In particular, Mr. Abe said Japan wanted to provide patrol ships to Vietnam, which is now in a tense standoff with China over the sudden appearance of a Chinese oil drilling platform near a chain of small islands that both nations claim. He noted that Japan had already decided to provide 10 similar ships to the Philippines, which is trying to turn back Chinese efforts to control a different group of disputed islands. And Japan would help train the coast guards of Vietnam, the Philippines and other Asian nations, he said.

とりわけ、安倍氏は、中国・ベトナム両国が領有権を主張する列島近くに突如姿を現した石油掘削基地をめぐって中国との緊迫状態にあるベトナムへ巡視船を提供したいと述べた。日本は、それとは別に係争中の島を支配しようとする中国の動きを押し戻そうとしているフィリピンに対し、10隻の同様の巡視船を提供することを既に決定しているとも言及した。また、日本は、ベトナム、フィリピン、その他のアジア諸国の沿岸警備隊を訓練する手助けをすると言っている。

“By doing so, the bonds between the people on the Japan side and the recipient side invariably become stronger,” Mr. Abe said.

invariably:必ず

“そうすることにより、日本の人々と相手側の結び付きは必ず強固になっていく”と安倍氏は述べた。

South Korea and China, which are closer geographically to Japan, have criticized Mr. Abe’s policy as an attempt to revive Japanese militarism, but his moves have met with a warmer welcome in Southeast Asia. Analysts say that for nations there, China’s increasingly aggressive territorial claims have begun to outweigh memories of Japan’s wartime aggression.

outweigh:上回る

日本と地理的に近い韓国と中国は、日本の軍国主義を蘇らせる動きだとして安倍氏の政策を非難しているが、安倍氏の動きは東南アジアでは温かく迎えられている。東南アジア諸国にとっては、ますます積極的になる中国の領有権主張は戦時の日本の侵略の記憶を上回り始めていると、アナリストは述べている。

Mr. Abe has made building closer security ties in the region a pillar of his foreign policy. In his speech on Friday, he noted that he had visited 10 Southeast Asian nations last year, and that he was trying to build “a new special relationship” with Australia that includes joint military training and joint development of military equipment.

安倍氏は、その地域でより緊密な安全保障関係を構築しながら、外交政策の柱を作ってきている。金曜日のスピーチで、彼は昨年東南アジア10ヶ国を訪問し、また、合同軍事訓練や武器の共同開発を含むオーストラリアとの“新たな特別な関係”を構築しようとしていたと述べた。

木曜日。今日はこれまで。オーストラリアとの軍事協力を安倍さんが言っていながら、傍らで、防衛庁の高官がオーストラリアに潜水艦の技術を提供したら、漏れるから嫌だと言った。バカじゃあないの。この記事は昨年の今頃だが、全く古くないのはどうしてだろうか。昨日の昼はいつもの仲間と会食。夜は家族との会食。帰ってから小説を書いたが、早く寝た。今日の昼はMark Fordの依頼で、エイボンで講演する。午前も午後も小説が書ける。ではまた明日。

swingby_blog at 07:23コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓