2015年08月

2015年08月19日

法律を破りイランでインターネットにつなぐ(3) ディック・チェイニーはイラク戦争は“正しいこと”だったと言っている

The feedback we get from viewers, listeners and website visitors also confirms strong interest from Iranians to know what is really happening in the country they have been taught to call the “Great Satan” — whether we report on President Obama’s speech at West Point, or a recent visit by American Catholic bishops to Qom to start an interfaith dialogue with top Iranian ayatollahs on the need to restrict nuclear weapons, or Goldman Sachs’s predictions for the Iranian national soccer team at the World Cup. 

interfaith:異教徒間の 
ayatollah:アヤトラ(イスラム教シーア派の指導者に与えられる称号) 

我々がテレビ・ラジオ・ウェブサイトの視聴者から得たフィードバックもまた、我々がオバマ大統領の陸軍士官学校でのスピーチを報じるのか、アメリカのカトリック教会の司祭が核兵器制限の必要性についてイランのアヤトラのトップとの異教徒間の対話を始めるために最近コムを訪れたことを報じるのか、あるいはゴールドマンサックスによるワールドカップでのイランのサッカーナショナルチームの予想を報じるのか、彼らが“大魔王”と呼ぶように教えられてきた国で実際に起きていることを知りたいという強い関心を裏付けている。 

We have to tweak our web content to accommodate low download speeds in Tehran, Mashhad or Shiraz, and we look for ways to help Iranian students win a cat-and-mouse game with authorities over the use of VPNs and other anti-filtering tools. Our experience confirms what “The Iran Primer” finds: Despite the Iranian authorities’ efforts to shield them from Western influences, “Iran’s young are better educated and more worldly than any previous generation” and “most are exposed to global media, ideas and culture through satellite television and the Internet.” 

tweak:微調整する 
exposed:さらされて

我々はテヘラン、マシュハド、シーラーズのダウンロードスピードの遅さに合うようウェブコンテンツを微調整しなければないし、イランの学生がVPNやその他の接続規制に対抗する手段の使用を巡る当局とのいたちごっこに勝てるような方法を探している。我々の経験は“The Iran Primer”が経験したことを裏付けている。つまり、イラン当局によるイラン学生を西側諸国の影響から守ろうとする取り組みにもかかわらず、“イランの若者はこれまでのいかなる世代よりも教養があり、世俗的で、そのほとんどは衛星放送やインターネットを通じて世界的なメディアや考え方、文化に触れている。” 

Before leaving Iran, Mr. Bourdain tweeted: “Never would have guessed that of all countries in world, my crew and I would be treated so well everywhere, by total strangers in #Iran.” It’s a pity that Iranians weren’t able to read these kind words about their own hospitality on Twitter without breaking their country’s law. Setareh Derakhshesh is the director of the Voice of America Persian Service. 

pity:残念なこと 

イランを発つ前にボーディン氏は次のようにツイートしている。“世界中のあらゆる国の中で、#Iranの中での見ず知らずの人達に至る所でこんなにも良くしてもらおうとは思ってもみなかった”。イランの人達が自国の法律に違反せずにツイッター上での彼ら自身のホスピタリティに関するこのような言葉を読むことが出来ないのは残念なことだ。Setareh DerakhsheshがVoice of America Persian Serviceのディレクターである。 

これはタイムだ。

Dick Cheney Says Iraq War Was ‘the Right Thing’ 
Zeke J Miller @ZekeJMiller June 25, 2014 

ディック・チェイニーはイラク戦争は“正しいこと”だったと言っている 


Dick And Lynne Cheney Participate In Book Discussion In Washington 
Former U.S. Vice President Dick Cheney in Washington 
ワシントンでのディック・チェイニー元アメリカ副大統領 

No regrets from the former VP 
Former Vice President Dick Cheney on Tuesday stood by the Bush Administration’s decision to wage war in Iraq, saying he has never second-guessed the decision even with Iraq once again descending into chaos. 

wage:遂行する 
second-guess:〜の後でとやかく言う 

元副大統領に後悔はない 
元副大統領のディック・チェイニーはイラクでの戦争を遂行するというブッシュ政権の決定を支持し、再び混乱に陥っているイラクであったとしても、その決定に後からとやかく言われることはないと言っている。 

“I was a strong advocate of going into Iraq,” Cheney told PBS in an interview, a week after launching a new political group designed to boost his foreign policy and national-security policies. “I think that was the right decision then, and I still believe that today.” 

“私はイラクへ行くことの強力な提唱者であった。私はそれがその時正しい決断だったと思っており、今でもそう信じている。”と彼の外交政策や安全保障政策を促進するために結成された新たな政治団体を立ち上げた1週間後にPBSのインタビューで語った。 

“I think we did what we had to do,” Cheney added, saying he is still not convinced Iraq didn’t have weapons of mass destruction before the 2003 invasion. “And you don’t get to go back and say, well, we would have — what if we’d ignored all the intelligence?” 

“私は我々がしなければならなかったことをしたと思っている。また、あなた方はそこに立ち返って、もしそうでなかったとしたらこうしていただろうなどと言うことはできない。もし全ての諜報情報を無視していたらどうなっていた?”と付け加え、2003年の進攻以前にイラクが大量破壊兵器を持っていなかったという確信は未だに持っていないと述べた。 

Cheney blasted President Barack Obama’s handling of the situation in Iraq, saying he should have more forcefully pushed to keep U.S. troops in the country after 2011 to help keep the country stable. “For me, the bottom line was, when we left office, Iraq was in good shape,” Cheney said. “And now we’re in a situation where obviously we’ve got another big problem.” 

blast:非難する 
bottom line:結論/肝心なこと

チェイニーは、バラク・オバマ大統領はイラクが安定し続けるよう2011年後もアメリカ軍を留めておくようもっと強力に押し進めるべきだったと述べ、オバマ大統領のイラクでの状況への対応を非難した。彼は“我々が政権を去る時、最終的にはイラクは上手くいっていたと思っている。そして、今、我々は明らかにもう1つの大きな問題を抱えている。”と述べている。 

But the former Vice President largely agreed with Obama’s handling of the current crisis that has seen the extremist group Islamic State of Iraq and Greater Syria make significant gains in the country. Cheney called for the deployment of additional U.S. military advisers and a swift transition for the Iraqi government, and he warned that American air strikes could have unintended complications. Cheney said the U.S. response to the Iraq crisis must be part of a broader strategy for the volatile region that he says Obama has not yet developed. He also called on Obama to halt the planned withdrawal of American troops from Afghanistan by the end of 2016. 

complication:厄介な状況

しかし、元副大統領は、過激派組織ISISが大きく勢力を拡大している現在の危機に対するオバマの対処については概ね同意した。チェイニーはアメリカの軍事顧問の追加配備やイラク政府への迅速な移行を求め、アメリカによる空爆は意図せざる複雑な事態を招く可能性があると警鐘を鳴らした。チェイニーは、アメリカによるイラクの危機への対応は、彼がオバマは未だ展開していないと彼が言うところの不安定な地域に対する大局的な戦略の1部でなければならない、と述べた。彼はオバマに2016年末までにアフガニスタンからアメリカ兵を計画的に引き揚げることを止めるようにも求めた。 

“I would stop talking about withdrawing from Afghanistan,” Cheney said. “We ought to stay in Afghanistan. We shouldn’t be scaling back.” 

チェイニーは、“私はアフガニスタンからの撤退についての話を思いとどまらせるつもりだ。我々はアフガニスタンに留まるべきで、規模を縮小するべきではない。”と述べた。 

Cheney also called for Obama to swiftly work to boost Egyptian President Abdul Fattah al-Sisi, the former military leader who deposed the elected Muslim Brotherhood–led government before his election this year. “I’d help al-Sisi every chance I got,” Cheney said. 

チェイニーはオバマに対し、エジプトの元陸軍元帥で今年の大統領への選出前にムスリム同胞団主導の政府を退陣させたアブドルファッターフ・アッ=シーシーエジプト大統領に対する支援を急ぎ進めるようにも求めた。“私は出来る限りアッ=シーシーを支援するつもりだ”とチェイニーは述べた。 

Cheney said he was unaware of the conviction of three al-Jazeera journalists in Egypt this week, which has been condemned by the U.S. and by European governments. “I haven’t seen that. I’m not familiar with it,” Cheney said of the news that dominated the front pages of national newspapers on Tuesday. “I missed that one.” 

conviction:有罪判決 

チェイニーは、アメリカ政府およびヨーロッパの政府から非難されている、今週エジプトでアルジャジーラのジャーナリストに対して有罪判決が出されたことを知らないと言った。チェイニーは、火曜日に全国紙の1面を独占したニュースについて“まだそのことを確かめていない。そのことについてはあまり知らない。それを見逃した。”と言っている。 

水曜日。今日はこれまで。昨日の昼はソニー生命の嶋岡副社長との会食をした。今日の昼は住友化学の高尾元副社長だ。夜の元三菱樹脂の社長の吉田さんとの会食は延期になった。まだ体調が完全ではないので、夜のEdの会合には出ない。ではまた明日。

swingby_blog at 05:39コメント(0)トラックバック(0) 

2015年08月18日

法律を破りイランでインターネットにつなぐ(2)

“Apparently we have to confront every new phenomenon and after time has passed, then accept it,” Mr. Jannati continued. “We always want to have a 20-year distance with the world. Let’s at least move along with the world.” 

“我々はあらゆる新たな現象に直面しなければならず、時間が経った後、それを受け入れるようである。我々は常に世界と20年の遅れを持っていたいようだ。少なくとも世界の流れに乗って進もう”とJannati氏は続けた。 

Meanwhile, several top Iranian officials enjoy what they deny to their citizens: Ayatollah Ali Khamenei, President Hassan Rouhani and the foreign minister, Mohammad Javad Zarif, apparently have accounts on Facebook or Twitter, with Mr. Zarif attracting nearly 900,000 Facebook followers to his page in Farsi. 

一方で、数人のイランのトップは、彼らが市民に与えていないものを満喫している。アーヤトッラ・アリ・ハメネイ、ハサン・ロウハーニ大統領、外務大臣であるモハンマド・ジャヴァード・ザリーフはFacebookやTwitterにアカウントを持っているようであり、ザリーフ氏についてはペルシア語の彼のFacebookで90万人近くのフォロワーを獲得している。 

Mr. Rouhani has staked his reputation on the success of Iran’s talks with the so-called P5-plus-1 countries — the permanent United Nations Security Council members Russia, China, Britain, France and the United States, plus Germany — on a possible nuclear deal before July 20. A deal would ease international sanctions on Iran and allow Western companies to return, giving the struggling Iranian economy a long-needed boost. The reintegration of Iran into the world economy would also require allowing unfiltered access to the Internet and international satellite television broadcasts. 

ロウハーニ氏は、7月20日より前に、国連安保理常任理事国であるロシア、中国、イギリス、フランス、アメリカにドイツを加えたいわゆるP5+1との実行可能な核取引に関する協議を成功させることに自身の信用を懸けている。この取引によってイランへの国際制裁は緩和され、西側諸国の会社がイランに戻れるようになり、苦闘するイラン経済に長らく必要とされていた後押しをすることになる。イランが世界経済に再び組み入れられるには、フィルターのないインターネットへのアクセスやテレビの国際的な衛星放送を認めることも必要だろう。 

Continue reading the main story 
According to “The Iran Primer,” a website and publication of the United States Institute of Peace, “Iran is one of the most tech-savvy societies in the developing world, with an estimated 28 million Internet users, led by youth,” the site says. “Iran boasts between 60,000 and 110,000 active blogs, one of the highest numbers in the Middle East, led by youth.” 

savvy:精通した 

本筋を読み続ける
アメリカ平和研究所のWebサイトと出版物である“The Iran Primer”によれば、“イランは、若い世代にけん引され、新興世界で最も現代技術に精通した社会の1つで、推定2,800万人のインターネットユーザーがいる。イランには若い人たちによる6万〜11万人のアクティブなブログがあり、中東で最も大きな数の1つだ。”とそのサイトは言っている。 

The Iranian authorities admit, reluctantly, that it is almost impossible to rein in Iranians who are eager to know about the outside world and know how to use alternative means to gain access to the web. “Four million Iranians are on Facebook, and we have restricted it,” Mr. Jannati said in a speech in March in Tehran. “The preservation of Islamic values cannot be used as an excuse to stop the growth of something in the country.” 

rein in:抑える 

イラン当局はしぶしぶながら、外の世界を知ること、ウェブにアクセスする他の手段の使い方を知ることに熱心なイラン人を抑えることはほとんど不可能であると認めている。“400万人のイラン人がFacebookに入っていて、我々はそれを制限してきている。イスラムの価値を保護するということは、この国で何かが成長することを止める口実としては利用できない。”とJannati氏は3月のテヘランでのスピーチで述べた。 

Mr. Jannati also cited the 71 percent of Tehran residents who have satellite dishes and watch foreign television, which is also illegal. “This means that millions in the capital are committing a crime every evening,” he said. 

commit a crime:罪を犯す 

Jannati氏はやはり非合法である衛星アンテナを持ち、外国のテレビを見ている71%のテヘラン市民についても言及した。“このことは、首都にいる数百万人が毎晩、罪を犯しているということだ。”と彼は述べた。 

Here at the Voice of America Persian Service, we are familiar with this situation firsthand. Even though all of our satellite TV and radio programs, our website, our social media and our mobile apps are officially banned in Iran, our on-air and online audience numbers have shown steady growth, especially after the start of the P5-plus-1 talks with Iran. 

firsthand:じかに 

ここVoice of America Persian Service(イランのインターネットテレビ)では、我々は直にこうした状況を良く知っている。我々の衛星テレビやラジオ番組、ウェブサイト、ソーシャルメディア、携帯アプリの全てがイランで公式に禁止されていても、我々の放送中の、またオンラインでの視聴者の数は、とりわけイランとのP5+1の交渉が始まった後、着実に増えている。 

火曜日。今日はこれまで。昨日の昼はトクヤマの中原さんと楠会長と会食した。夜はダイセルの講演があって、そのあとは初めて懇親会を行った。楽しい一日だった。今日の昼はソニー生命の嶋岡副社長との会食だ。ではまた明日。

swingby_blog at 06:56コメント(0)トラックバック(0) 

2015年08月17日

法律を破りイランでインターネットにつなぐ

これはニューヨークタイムズだ。 

Breaking the Law to Go Online in Iran 
By SETAREH DERAKHSHESH
JUNE 24, 2014 

法律を破りイランでインターネットにつなぐ 

WASHINGTON — WHEN Anthony Bourdain posted a cryptic message on Facebook at the end of May that he and his television crew would be off the social media grid for the next 10 days because they were “truly going to #PartsUnknown,” his fans around the world were intrigued. Was he shooting his CNN show (titled “Parts Unknown”) in a remote desert or on top of a snowy Himalayan peak? 

cryptic message:不可解なメッセージ
intrigue:興味/好奇心をそそる 
shoot:撮影をする 

アンソニー・ボーディンが、彼とテレビ取材班が“本当に未知の場所に向かっている”ためにその後の10日間ソーシャルメディアから姿を消すことになっていた5月の末、フェイスブック上に謎めいたメッセージを投稿した際、世界中の彼のファンは興味をそそられた。彼はCNNの番組(番組タイトル“世界紀行”(邦題))を遠く離れた砂漠か雪深いヒマラヤ山脈の頂上で撮影していたのだろうか? 




Ten days later, Mr. Bourdain posted a picture of himself sitting with a small glass of tea at a traditional Iranian teahouse in Isfahan, and it was immediately clear why the famous chef and TV show host had had no other option but to maintain radio silence. 

10日後、ボーディン氏はイスファハンの伝統的なイラン式の喫茶店でお茶の小さなグラスと共に座る彼自身の写真を投稿した。それにより、有名なシェフでありテレビ番組の司会者がなぜ電波上で沈黙を保つ以外に選択肢がなかったのかが即座に明らかとなった。 

In Iran, the government officially blocks access to Facebook, Twitter, YouTube and almost all other social media platforms. Any attempt to bypass this block by using a virtual private network (VPN) connection or other software solutions is illegal. Numerous reports indicate that Iranian authorities restrict access to thousands of American and European websites, particularly those of international news sources, and even throttle down Internet connections to limit the ability of Iranians to surf the rest of the Web. 

throttle:〜を押さえつける/調整する 

イランでは、政府が公式にFacebook、Twitter、YouTube、その他ほとんどのソーシャルメディアプラットフォームへのアクセスをブロックしている。VPN接続や他のソフトウエアソリューションの使用などこの規制を回避するための如何なる試みも非合法である。多くのレポートが、イラン当局は数千のアメリカおよびヨーロッパのウエブサイト、とりわけ国際的なニュースソースへのアクセスを制限しており、イラン人がインターネットにアクセスして色々な情報を得る能力を抑えるためにインターネット接続を抑制してさえいる。 

“Internet speeds are incredibly slow in Iran, which ranked 164 out of 170 countries in a recent study,” says the latest “Freedom on the Net” report from the human-rights organization Freedom House. The report lists Iran as last in the world in terms of Internet freedom. And that was before an Iranian court banned Instagram last month. 

“インターネット速度はイランでは非常に遅く、最近の調査で170か国中164位であった”と人権団体であるフリーダムハウスによる最新の“ネット上の自由”報告書は言っている。この報告書はイランをインターネットの自由度の観点で最下位に位置付けている。また、これは先月イランの裁判所がインスタグラムを禁止する前のことであった。 

This suppressive approach, zealously pursued by hard-liners and the Islamic Revolutionary Guards Corps, was ridiculed two weeks ago by none other than the minister of culture, Ali Jannati. Addressing members of Iran’s Chamber of Commerce, Mr. Jannati criticized the practice of blocking websites, social media and popular messaging apps. “In social media and the virtual world, we still do not know if we are supposed to block Viber and WhatsApp or not,” Mr. Jannati said, according to the news site Al-Monitor. “There was a time we had problems with video. There was even a time we had issue with the fax machine,” he said. 

suppressive:抑える 
zealously:熱心に 
ridicule:あざ笑う 
none other than:〜にほかならない 

強硬派やイスラム革命防衛隊によって熱心に追及されたこの抑制的なアプローチは、2週間前、ほかならぬ文化大臣のAli Jannatiによって冷笑された。イラン商工会議所のメンバーに向け、Jannati氏はウエブサイトやソーシャルメディア、人気のあるメッセージングアプリをブロックする取り組みを非難した。ニュースサイトのAl-Monitor によれば、Jannati氏は“ソーシャルメディアや仮想世界で、我々はまだViberやWhatsAppを本当にブロックしなければならないかどうか分からない。ビデオについて問題を抱えていた時もあれば、FAXについての問題を持っていた時さえある。”と言っている。 

月曜日。今日はこれまで。昨日は夕方の散歩以外は自宅で仕事をしていた。散歩は背骨を折って以来だった。まだ、背中が多少痛いが、ほとんど歩く分には問題はない。肋骨と違って、背骨は後遺症が長いようだ。今日の昼はトクヤマの楠会長と中原さんとの会食で、夜はダイセルの孫子の研修があり、懇親会もある。永井さんが参加する。ではまた明日。

swingby_blog at 07:19コメント(0)トラックバック(0) 

2015年08月16日

ハッカーの戦略:データを人質にすること ハッカーたちはコンピュータセキュリティを突破する新たな方法を見つけ出している(3)

Most security companies say the main objective should be raising the cost to hackers. CloudFlare, for instance, has developed a service called Maze, which it describes as “a virtual labyrinth of gibberish and gobbledygook” designed to divert intruders to bogus data and away from useful information. Other companies create bottlenecks to route attackers through security checkpoints.

labyrinth:迷宮
gibberish:ちんぷんかんぷん/難解な話
gobbledygook:回りくどくて分かりにくい言葉/お役所言葉
divert:そらす/転換する
intruder:侵入者/邪魔者
bogus:偽の
bottleneck:障害
route through:発送する

大抵のセキュリティ会社は、主な目的はハッカーたちのコストを高めていくべきだと言っている。たとえばCloudFlareはMazeと呼ばれるサービスを開発し、侵入者を偽のデータに導き有益な情報に近づけさせないように設計されている「難解で回りくどい言語の仮想空間の迷宮」だと説明している。他の会社はアタッカーをセキュリティチェックポイントに送りこむための隘路を開発している。

It is fairly common for law firms to have their email read during negotiations for ventures in China, said Dmitri Alperovitch, a founder of CrowdStrike, a company that investigates hackers. So if a company knows its lawyers will be hacked, planting decoys can give them an upper hand, he said.

Venture:ベンチャー企業
investigate:操作/調査している
decoy:おとり/仕掛け
give an upper hand:優勢になる/勝つ

中国ではベンチャー企業と駆け引きの間に自分たちのEメールをハッカーに読ませることは法律事務所にとっていたって普通だと、ハッカーたちを調査しているCrowdStrike社の創立者であるDmitri Alperovitchは言っている。だからもし企業が自分たちの弁護士がハッキングされると分かっていれば、罠を仕掛けることが弁護士を優勢にさせることが出来るのだと、彼は言う。


This month CrowdStrike unmasked a secret cell of cyberthieves linked to the Chinese Army that had stolen millions of dollars’ worth of data from military contractors and research companies, often by hiding its attack software in emailed invitations to golfing events.

unmask:真相を究明する

今月CrowdStrikeは、しばしばゴルフ大会への招待メールの中に攻撃用ソフトウェアを仕掛けておくことで、軍事請負業者やリサーチ会社から数百万ドルの価値を持つデータを盗んだ中国軍と繋りのある秘密サイバー泥棒集団を明らかにした。

Samir Kapuria, vice president of Symantec’s Cyber Security Group, recounted how his company helped a major manufacturer create bogus blueprints of a valuable product with a traceable but harmless flaw and left it hidden in its servers. When the manufacturer later found the planted blueprint for sale on the black market, he said, Symantec was able to help trace the leak to its source, fire the subcontractor and save the manufacturer tens of millions of dollars.

recount:詳しく話をする
bogus:偽の
traceable:突き止めることが出来る
harmless:害を与えない
flaw:欠点
subcontractor:下請負業者
fire:解雇する

Symantec社のサイバーセキュリティグループの副社長を務めるSamir Kapuria氏は、どのようにして彼の会社が主要な製造業者社に追跡可能だが害がない欠点を持つ偽の価値ある製品の設計図を作る手助けをし、それをサーバに仕掛けているのかを詳しく話をした。製造業者たちが後に闇市場で売り出されるその仕掛けを持った設計図を発見した時に、Symantecはその漏洩元まで辿り、下請け業者との契約を解除し、製造業者の数千万ドルの損害を防ぐ手助けが可能だと彼は言う。

But there can also be unintended consequences when planting false information, said Dave Dittrich, a security engineer at the University of Washington. He offered a theoretical example in which a company intentionally inserts flaws into a faked vehicle design. “If someone plants false information to be stolen and used, and this results in the death of any innocent human beings,” he said, “there could be a good case made that the entity who planted the fake data is acting in a negligent and unjustifiable manner.”

Innocent:罪のない
entity:法人
negligent:怠慢
unjustifiable:正当と認められない

しかし間違った情報が仕掛けることで意図していなかった結果になる可能性もあると、ワシントン大学セキュリティ工学のDave Dittrich氏は言う。彼は会社が偽の自動車デザインの中に欠陥を意図的に入れておく仮説の例を引き合いに出した。「もし誰かが盗まれて使われる偽の情報を仕掛けたら、それが罪を持たない人たちの死に繋がるかもしれません。偽のデータを仕掛けた法人が怠慢や正当と認められない行為をしていることになる良い事例となるかもしれないからだ。」と彼は言う。

In general, Mr. Kapuria of Symantec prefers a philosophical approach toward thwarting the legions of cybercriminals, describing the fight as “Cyber Sun Tzu — when the enemy is relaxed, make them toil; when full, make them starve; when settled, make them move.”

Philosophical:冷静な/思慮深い
thwarting:邪魔する
Sun Tzu:孫子
legion:軍団

一般的に、SymantecのKapuria氏はサイバー犯罪集団を妨害することに対して冷静な手段を好んでおり、この戦いを「サイバーの孫子―佚すれば能く之を労し、飽けば能く之を飢えしめ、安んずれば能く之を動かす。(敵が優位な状況にいれば、それを切り崩してその兵力を減殺することもできるし、敵が充分な食糧補給ができていれば、その補給を断って飢えさせることもでき、休息している敵には、動かざるを得ないようにさせることができる。) 」と述べている。

Ian Urbina is an investigative reporter for The New York Times.

日曜日。今日はこれまで。昨日は海野塾とお台場でのBBQパーティがあった。パーティはたくさんの仲間が来てくれた。今日は予定がないので、一日、仕事をする予定だ。ではまた明日。

swingby_blog at 09:57コメント(0)トラックバック(0) 

2015年08月15日

ハッカーの戦略:データを人質にすること ハッカーたちはコンピュータセキュリティを突破する新たな方法を見つけ出している(2)

In 2011 Michael Hayden, former director of both the C.I.A. and the N.S.A., suggested that the government should consider allowing a “digital Blackwater” with paid mercenaries battling cyberattackers on behalf of corporations. But security experts warn that by taking matters into their own hands companies risk an escalating cycle of retaliation, lawsuits or Internet traffic jams.

mercenary:傭兵
on behalf of:代わりに
retaliation:報復
lawsuit:訴訟
Internet traffic jams:インターネット回線の混雑
Blackwater:ブラックウォータ社。アメリカの民間軍事会社で、コンサルティング、戦闘への参加や後報支援などのアウトソーシング、軍事訓練などのサービスを提供している。

C.I.A.とN.S.A.両機関の前ディレクターだったMichael Haydenが2011年に、政府は企業の代わりとしてサイバーアタッカー達と戦う有給の傭兵を有する「デジタル版のブラックウォータ社」を認める検討をするべきだと提案している。しかし、セキュリティの専門家はこの問題を彼らの手にゆだねることで企業は報復のサイクルの増加、訴訟、あるいはインターネット回線の混雑などのリスクを負うことになると警告している。

What’s more, since cybercriminals typically hijack the systems of unwitting third parties to launch attacks, it is often hard to pinpoint targets for retaliation, said Orin S. Kerr, a professor at the George Washington University Law School. It is “kind of like a blindfolded partygoer trying to hit a pinata with a baseball bat,” he said. “He might hit the pinata but he might hit Aunt Sally, who happens to be standing nearby.” 

unwitting:気づいていない
pinpoint:正確に指摘する
blindfold:目隠しする
partygoer:よくパーティーに参加する人
pinata:ピニャータ メキシコや他の中・南米の国の子供のお祭り(誕生日など)に使われる、中にお菓子やおもちゃなどを詰めた紙製のくす玉人形のこと
Aunt Sally:イギリスの伝統的なゲーム。棒やバットで遠くに立ててある女の人形(Aunt Sally)の顔に当てるゲーム

さらに、サイバー犯罪は典型的に、攻撃を開始するために死角となる第三者のシステムを乗っ取るため、報復するターゲットを正確に見つけ出すのはしばしば困難であると、ジョージワシントン大学ロースクールのOrin S. Kerr教授は言う。「野球のバットでピニャータを打とうとしている目隠しされたパーティーに参加している人のようなものです」と彼は言う。「彼はそのピニャータを打つかもしれませんが、たまたま近くに立っているAunt Sallyを打ってしまうかもしれません。」

Continue reading the main story Companies might also trip up law enforcement efforts or find themselves on the wrong end of a lawsuit if they inadvertently gain access to someone else’s server. And under many foreign laws, self-defense actions by private companies amount to espionage. 

story:来歴
trip up:過ちを犯す
inadvertently:不注意に
espionage:スパイ行為/探偵
wrong end:糸違い
find themselves:(気が付いたら)〜になる/である

本筋を読み続けることは、もし彼らが不注意に他の誰かのサーバにアクセスしりしたら、間違った法の施行をしてしまったり、あるいは間違った訴訟の結果をもたらしてしまうかもしれない。そして、多くの外国の法の下では民間企業による自己防衛行為はスパイ行為に相当する。

The Justice Department takes the stance that a company is most likely breaking the law whenever it gains access to another computer network without permission. At a panel hosted by the American Bar Association, John Lynch, chief of the computer crime and intellectual property section of the Justice Department’s criminal division, said that usually, when his office determines that companies have gone outside their server to investigate a perceived attacker, his first thought is, “Oh wow — now I have two crimes.” 

The Justice Department:司法省
investigate:調査する
perceive:認知する
the American Bar Association:アメリカ法曹協会
intellectual property:知的財産権
criminal division:刑事局

司法省は、いかなる時においても会社が許可なく他のコンピューターネットワークにアクセスすることはほとんどの場合その会社が法律を破っていることになるという立場をとっている。アメリカ法曹協会が開催したパネルトークで司法省刑事局のコンピュータ犯罪と知的財産権部門のチーフを務めるJohn Lynchは、企業が検知されたアタッカーを調査する目的で自分たちのサーバの外側に出たことを彼の部門が突き止めた時、彼はいつも最初に「やれやれ、今私は二つの犯罪を見つけてしまった」と思うのだと語った。

There are, however, other ways to fight hackers that are both legal and effective, said Mr. Stutzman of Red Sky Alliance. His firm, for example, profiles attackers by keeping their pictures, phones numbers and other personal data on file. He is also an advocate of software that tags sensitive documents so that if they are stolen they self-destruct or transmit an alert to the owner.

Advocate:提唱者
sensitive:機密扱いの
self-destruct:自然消滅する
transmit:伝える

しかしRed Sky AllianceのStutzman氏は、合法的で有効なハッカーたちと戦うための他の手段があると言っている。たとえば彼の会社は、アタッカーたちの写真、携帯番号そしてその他の個人データをファイル上に保存することでプロファイル化している。彼はまた、機密扱いのドキュメントをタグ付けすることで仮にそれらが盗まれたら自然消滅するかその所有者に警告を送るソフトウェアの提唱者である。

土曜日。今日はこれまで。昨日は佐々木さんと勝村さんと会食した。久しぶりに表参道の骨董通りに行った。懐かしかった。今日は海野塾だ。夜は私の快気祝いのBBQパーティがお台場である。ではまた明日。

swingby_blog at 07:58コメント(0) 

2015年08月14日

ハッカーの戦略:データを人質にすること ハッカーたちはコンピュータセキュリティを突破する新たな方法を見つけ出している

これはニューヨークタイムズだ。

Hacker Tactic: Holding Data Hostage
Hackers Find New Ways to Breach Computer Security
By IAN URBINAJUNE 21, 2014

tactic:戦略
hostage:人質
breach:突破する

ハッカーの戦略:データを人質にすること
ハッカーたちはコンピュータセキュリティを突破する新たな方法を見つけ出している



THE perpetual cat-and-mouse game between computer hackers and their targets is getting nastier. Cybercriminals are getting better at circumventing firewalls and antivirus programs. More of them are resorting to ransomware, which encrypts computer data and holds it hostage until a fee is paid. Some hackers plant virus-loaded ads on legitimate websites, enabling them to remotely wipe a hard drive clean or cause it to overheat. Meanwhile, companies are being routinely targeted by attacks sponsored by the governments of Iran and China. Even small start-ups are suffering from denial-of-service extortion attacks, in which hackers threaten to disable their websites unless money is paid.

perpetual:絶え間ない
cat-and-mouse game:鼬ごっこ
nasty:厄介な/ひどい
circumvent:抜け道を考え出す
resort:訴える/たどる
ransomware:ラムサムウェア 押し売りウイルス◆パソコン内のデータを勝手に暗号化し、元のデータを削除し、復元ソフトを買わせようとするウイルス◆【参考】crypto-virus 
encrypt:暗号化する
legitimate:本格的な/まっとうな
routinely:日常的に
denial-of-service:サービスの妨害
extortion:強要/無理やり
disable:できなくする

コンピュータハッカーたちと彼らの標的の間での鼬ごっこはますますひどくなってきている。サイバー犯罪はファイヤーウォールやアンチウイルスプログラムの抜け道をますます上手く見つけ出すようになっている。そうした犯罪のより多くのものが、金が支払われるまでコンピュータデータを暗号化しデータを人質とするラムサムウェアの手段を使っている。あるハッカーはまっとうなウェブサイト上にウイルスがロードされる広告を埋め込んでいる。そうしたウイルスはハッカーたちに遠隔でハードドライブの削除やハードドライブをオーバーヒートさせることを可能としている。一方、企業は日常的にイランや中国政府によって支援されている攻撃の標的になっている。例え小さなスタートアップ企業でも、金が支払わなければウェブサイトをダウンさせるとハッカーたちが脅しをかけるような、サービス妨害のゆすり的な攻撃に悩まされている。

Just days after the F.B.I. and international law enforcement agencies teamed up earlier this month to kill one ransomware program, CryptoLocker, which had infected over 300,000 computers, another pernicious program, Cryptowall, popped up and began spreading rapidly.

pernicious:有害な
pop up:突然現れる
infect:感染する

FBIと国際的な取り締まり機関があるラムサムウェアプログラムである30万台以上のコンピュータに感染させたCryptoLockerを根絶させるために今月初めチームを形成したちょうど数日後、別の有害なプログラムのCryptoLockerが突然出現し急速に拡大を開始した。

In response, more companies are resorting to countermeasures like planting false information on their own servers to mislead data thieves, patrolling online forums to watch for stolen information and creating “honey pot” servers that gather information about intruders. Last year, companies also spent roughly $1.3 billion on insurance to help cover expenses associated with data theft.

countermeasure:対抗手段
intruder:侵入者
forum:フォーラム パソコン通信サービス上で,共通の興味を持つユーザ同士が情報・意見の交換をおこなう場所

それに対応して、より多くの会社がデータ泥棒を欺くために自らのサーバ上に偽情報を仕掛けておくような対抗手段に訴えるようになっており、企業は盗まれた情報を見張るためにオンラインフォーラムを巡視することや侵入者に関する情報を集める「ハニーポット」サーバを構築するようになっている。昨年、企業はデータの盗難に関連した費用を補償する保険におおよそ13億ドルを費やしている。

Some security experts are urging even more aggressive action. “Companies want better results than are being delivered by law enforcement,” said Stewart A. Baker, former assistant secretary for policy at the Department of Homeland Security. He questioned whether the National Security Agency, the F.B.I. or the C.I.A. had enough qualified counterhackers to stake out corporate networks and also whether those businesses would be comfortable giving the government more access to their networks. 

counterhacker:カウンターハッカー 企業へ攻撃を行うハッカーに対抗するためのハッカー
stake out:張り込みをする/監視する
comfortable:快く感じる

情報セキュリティの専門家のなかにはより積極的な行動を訴える人もいる。「企業が法の施行によって対応するよりも企業はさらに良い結果を求めています」と、国土安全保障省で以前政策担当次官補を務めていていたStewart A. Bakerは言う。彼は国家安全保障局やF.B.I.またはC.I.A.のいずれかを法人のネットワークを監視するふさわしいハッカー対策をする人たちだと認めているかどうか、そしてまたこれらのビジネスが政府に企業のネットワークにより多くアクセスさせることに快く感じるかどうか、疑問を呈している。

Mr. Baker maintains that victims of data theft can reasonably argue that they have a right to follow and retrieve stolen data wherever the thief takes it. And, he added, federal law on the matter is so ambiguous that prosecuting a company for trespassing on the domain of a hacker would be difficult and highly unlikely.

maintain:主張する
reasonably:当然
trespassing on:侵入する

ベーカー氏はデータを盗まれた犠牲者はどこに盗んだ人が持って行こうとその盗んだデータを追跡し、取り戻す権利を持っているということは当然だと主張する。そして彼が付け加えて、この問題に関して連邦法は曖昧で、企業がハッカーのドメインに侵入したことに対して起訴することは困難だろうし、かなりそうしたことは起こりそうにないだろう。

“I do really believe there should be a Second Amendment right in cyber,” added Jeffery L. Stutzman, vice president of Red Sky Alliance, referring to the right to bear arms. His company coordinates intelligence sharing for many of the world’s top corporations. Virtually all of them are weighing how aggressive to be in combating hackers, he said.

Second Amendment:(アメリカ合衆国憲法)修正第2条
weigh:比較検討する

※修正第2条
A well regulated militia, being necessary to the security of a free state, the right of the people to keep and bear arms, shall not be infringed. 
「しっかり統制された民兵は自由な国の安全保証にとって必要なので、国民が武器を所有し携帯する権利は侵されてはならない」

「私はサイバー空間に修正第2条が必要だと強く信じています。」と、銃を保有する権利に関連付けてRed Sky Allianceの副社長であるJeffery L. Stutzmanは付け加える。彼の会社は多くの世界のトップ企業へ共有している機密情報を取りまとめている。実質的に、すべてのそうした会社はハッカーたちと戦う際にどの程度積極的になるかを比較検討していると、彼は言う。

金曜日。今日はこれまで。昨日はキャプランの森本社長と冨田さんと会食。本日は元東レの佐々木さんと会食。いよいよ金曜日だ。ではまた明日。

swingby_blog at 06:19コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓