2016年02月

2016年02月29日

パキスタンの国境の荒れ地 表裏のある行動 この国は自業自得の状態になっているのだろうか?(2)

Indeed, many in the Pakistani establishment have actively assisted a movement regarded as useful in Pakistan’s obsessive struggle to lessen Indian influence in Afghanistan. Pakistan has other reasons to resent Afghanistan, which voted against Pakistan’s membership of the UN in 1947. It thinks Afghanistan vies for the affections of ethnic Pashtuns living in Pakistan. Many of them live in a part of Pakistan that Afghanistan claims the British Raj took unfairly. For all these reasons, since the mid-1970s Pakistan has backed Islamist militants as proxies in Afghanistan. 

establishment:支配者層
obsessive:強迫観念にとりつかれた 
struggle:争い
lessen:小さくする 
resent:憤慨する 
vie: 張り合う 
affection:好意 
British Raj:イギリス領インド帝国 
proxy:代理 

実際にパキスタンの支配者層の多くがアフガニスタン国内でインド人の影響力を小さくしようと、パキスタンの強迫観念にとりつかれた争いのなかで有効だと思われる活動を積極的に支援してきている。パキスタンはアフガニスタンに憤りを感じる理由が他にもある。アフガニスタンは1947年にパキスタンの国連加盟に反対票を投じた。パキスタンは、パキスタンに暮らしているパシュトゥン人の好意に対してアフガニスタンが張り合っていると考えている。イギリス領インド帝国が不当な方法で手に入れたとアフガニスタンが主張しているパキスタンの一部の地域に、パシュトゥン人の多くが暮らしている。これらの全ての理由により、1970年代半ばからパキスタンはアフガニスタン内でイスラム過激派を自分たちの代理として支援してきている。 

Many Pakistanis think Afghanistan is now getting its own back. In cahoots with India, they say, Afghanistan is both helping the TTP and stoking rebellion in the restive Pakistani province of Balochistan. Western diplomats say this view is overblown. In both instances Afghan assistance is marginal at best. It is also unclear what Afghanistan’s hard-pressed security forces could do about Nuristan, a place so tough that NATO abandoned it in 2010 after failing to subdue it. 

get its own back:報復をする 
cahoot:共謀 
TTP:パキスタン・タリバン運動 (Tehrik-i-Taliban Pakistan)
stoking rebellion:反乱を過熱させる/暴動を煽る 
restive:反抗的な 
overblown:誇張された 
assistance:援助 
marginal:最低限の/さほど重要ではない 
subdue:鎮圧する 
hard-pressed:財政難の 

多くのパキスタン人は現在アフガニスタンが報復をしてきていると考えている。インドと共謀してアフガニスタンはTTPを支援し反抗的なパキスタンのBalochistan県の反乱を煽っているのだと彼らは言う。欧米の外交官たちはこの見解は誇張されていると言っている。両方の例においてアフガニスタンの援助はせいぜい最低限のものである。またアフガニスタンの財政難の公安部隊がNuristanに関して対処することが出来たのかは不明だ。Nuristanは難攻不落なためにNATOが制圧失敗後の2010年に放置された場所である。 

But perhaps Afghanistan has tried playing its own double game. In late 2013 American soldiers arrested a senior TTP commander after he was tracked to a secret meeting with Afghan intelligence officers. A diplomat likens the situation to a devilish game-theory puzzle. Mutual co-operation would produce the best outcome for all. But players seem unable to resist striking each other. 

track:追跡する
devilish:非道な 
liken:例える 
resist:我慢する

しかし恐らくアフガニスタンは自ら表裏のある行動をとろうとしてきた。2013年末に、TTPの上級幹部がアフガニスタンの機密諜報員との秘密会談まで追跡された後アメリカ兵がその幹部を逮捕した。外交官はこの状況を非道なゲーム理論のパズルに例えている。双方の協同は全員にとって最善の結果を生み出すことになる。しかしプレイヤーたちは、お互いを攻撃することに我慢ができないようである。 

月曜日。今日はこれまで。背景がまだよく把握できていないが、パキスタンとアフガニスタンの政府間の関係は歴史的に良くないようだが、パキスタンのタリバンとアフガニスタンの諜報機関が通じているのは縄張りの取引をしているのではないだろうか?政府間のホットラインはないが、現場での交渉はこのようにやっているのではないだろうか。

昨日は朝ブログが終わってから、7時から5時まで小説を書いていた。第2章で立ち往生した。まとまっていないのである。夜は英語の研修資料のレビュー。8時半から10時半まで小説。タイトルを変えて、今日も朝からチャレンジする。今朝は4時半に起床し、このブログが済んだら、7時から小説。昼はダイセルの井口さん。午後はハナビラタケの内藤さん。あとは全て小説。第2章を攻略したい。ではまた明日。


swingby_blog at 06:05コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月28日

パキスタンの国境の荒れ地 表裏のある行動 この国は自業自得の状態になっているのだろうか?

これはエコノミストだ。 

Pakistan’s border badlands Double games 
Could the country be getting a taste of its own medicine? 
Jul 12th 2014 | ISLAMABAD | From the print edition 

badland:荒れ地・暗黒街 
double games:play a double game 裏表のある行動を取る、裏表のある手段をろうする、二心を抱く
a taste of its own medicine:自業自得 

パキスタンの国境の荒れ地 表裏のある行動 この国は自業自得の状態になっているのだろうか? 

IT IS impossible to defeat an insurgency, an American commander of NATO’s forces in Afghanistan once said between clenched teeth, when the insurgents enjoy an inviolable sanctuary in a neighbouring country. The problem has plagued the 13-year military effort in Afghanistan. Foreign and Afghan forces have been unable to deal a knockout blow to the Taliban when so much of their infrastructure remains intact just across the border, in the badlands of north-western Pakistan. 

insurgency:反乱 
commander:司令官
clenched teeth:喰いしばった歯 
insurgent:反乱軍 
inviolable:不可侵の 
sanctuary:聖域 
plague:苦しめる
knockout blow:強烈な一撃 
intact:無傷で

アフガニスタンのNATO軍のアメリカの司令官はかつて歯を喰いしばって言っていたが、近隣諸国の不可侵の聖域を反乱軍が謳歌している時に反乱を打倒することは不可能だ。この問題がアフガニスタンでの13年におよぶ軍事活動の悩みとなっていた。彼らのインフラの多くがパキスタン北西部の荒れ地の国境にかけて無傷で維持されているので、外国とアフガニスタンの両軍はタリバンに対して強烈な打撃を与えられなかった。 

Now, it is Pakistan’s turn to feel the frustration. Its army is in the thick of long-awaited operations to clear Pakistani militants from North Waziristan, one of the tribal agencies bordering Afghanistan. This week it appears to have regained control of the remote region’s capital, Miranshah. But the government in Islamabad is crying foul over the presence of militant safe havens on Afghan soil. The Pakistani army has renewed calls for Afghanistan to catch Mullah Fazlullah, leader of the Tehreek-e-Taliban (TTP). Known also as the Pakistani Taliban, the TTP is an umbrella grouping of violent Islamists and is Pakistan’s gravest threat (it is reckoned to have few formal links to its Afghan namesake). Mr Fazlullah could be hiding in Kunar or Nuristan, two of Afghanistan’s eastern provinces. 

frustration:欲求不満・挫折
in the thick of:真っ最中 
long-awaited:待望・満を持しての 
remote region:辺境
cry foul over:について非難する 
haven:回避所/避難所 
grave:容易ならぬ・重大な・厳粛な・墓 
namesake:同名 

現在はパキスタンが挫折を感じる番だ。パキスタン軍は、アフガニスタン国境に近い部族拠点の1つ北ワジリスタンから、パキスタンの過激派を一掃するために満を持しての作戦の真最中である。今週パキスタン軍は、その辺境の中心都市であるミランシャの支配権を奪還したようだった。しかしイスラマバードのパキスタン政府は、アフガニスタンに過激派の拠点がある事を非難している。パキスタン軍はTehreek-e-Taliban (TTP)の指導者であるMullah Fazlullahを捕えるようアフガニスタンに対して新たな要求をしてきた。パキスタンのタリバンとしても知られているように、TTPは暴力的なイスラム教徒組織の傘下であり、パキスタンの最も容易ならぬ脅威である(TTPはアフガニスタンにある同名の組織と公式な繋がりはないと推測されている)。Fazlullah氏は、アフガニスタン東部にある2つの県Kunar かNuristanに潜んでいる可能性がある。 

Many Afghans regard the call as exceptional cheek from a country that for years has done little to clear its vast swathe of north-western territory of workshops making bombs destined for Afghanistan and radical madrassas indoctrinating Afghan fighters. The senior leadership of the Afghan Taliban, the Quetta Shura, is even named after the Pakistani city in which most of its members live. 

exceptional:異常な/例外的な 
cheek:厚かましい言葉・頬 
swathe:特定の地域/細長い土地 
destine:予定する 
madrassas:イスラム神学校 
indoctorinate:教化する
name after:にちなんで命名する

多くのアフガニスタン人はこの要求を、アフガニスタンに対して爆弾を製造している工場やアフガン兵に教義を教え込んでいる過激的なイスラム神学校がある北西の広大な区域を、幾年もまったく手を付けていなかった国からの非常に厚かましいものだと捉えている。アフガニスタンのタリバンのQuetta Shuraの上級指導者は、その多くの隊員が暮らしているパキスタンの町にちなんで名前が付けられてさえもいる。 

日曜日。今日はこれまで。パキスタンとアフガニスタンの関係をよく表している。この地域は他ライバルエリアと言われ、今まで、誰も管理ができなかった地域だ。買って、ソビエトがここで敗退している。アメリカも一緒だ。

昨日は海野塾で、楽しい1日だった。懇親会も楽しかった。今日は7時から小説を書く。今日は英語の勉強が5時からなので、それまでは小説が書ける。今、7章 「ベトナム政府公団の思惑」をチェック7いるので、今日は、第8章 「アメリカ企業との連携」、第9章 「辛勝」までは行きたい。そこまで出来れば、今夜は第10章の「終章」まで行ける。それができれば、明日から第2回目のチェックをかけることができる。もう一息だ。ではまた明日。


swingby_blog at 06:28コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月27日

世界はアメリカをどう見ているか 彼らは私たちに好意を抱いている(2) イスラエルとガザの状況について定量化された見解

Ultimately what Pew’s numbers suggest is that being well regarded does not matter very much. The hope that having Mr Obama in the White House would transform America’s image has largely come true, but that has not helped to bring trade pacts, peace in the Middle East, a worldwide deal to cut carbon-dioxide emissions or any of the other things Mr Obama’s boosters once thought might be possible. 

boosters:後援者

結局ピュー研究所の数字が示していることは、良く見られることは全く大きな問題ではないということだ。アメリカのイメージを変えるというホワイトハウスのオバマが持っている望みは大部分では実現した。しかしそうしたことは、貿易協定、中東の平和、二酸化炭素の排出を削減するための世界的な取引、またはオバマ大統領の支持者が一度は実現可能かもしれないと考えたあらゆる事を実現する助けとはなっていない。 

Which brings us back to the tendency to expect too much of the presidency, and under-estimate the extent to which Congress runs the show. Like most presidents, Mr Obama’s foreign policy has consisted of making unpleasant and unsatisfactory choices when faced with a crisis rather than reshaping the world. So it bears noting another crisis that may be in the works. Apparently 62% of people in China worry that border disputes with its neighbours will result in war. Two thirds of Americans (67%) view China's expanding military capabilities the same way. If the president has any light left in his green lantern, perhaps he should shine it on that. But experience suggests that is probably too much to hope for. 

tendency:傾向 
extent:範囲 
under-estimate:過小評価 
run the show:運営する 
unpleasant:不快な 

これらは、大統領という職に過大な期待を寄せ、議会が運営する範囲を過小評価している我々の傾向を気付かせてくれる。多くの大統領のようにオバマ氏の外交政策は世界を新たに形作るというよりも、むしろ危機に直面した時の不快で受け入れ難い選択肢で成り立っている。そのためにオバマの外交政策は就任中に起こる可能性のある特筆した別のリスクを含んでいる。中国の62%の人たちは、隣国との国境の紛争が戦争に繋がる可能性があることをどうも懸念しているようだ。アメリカ人の3分の2(67%)は、中国の軍事能力の増大は同じ結果になると見なしている。もし大統領がわずかな光が残る緑色のランタンを持っているとしたら、可能であればそれに再び光を灯すべきである。しかしそれは過剰な期待であるということを経験が示している。 

これはエコノミストだ。 
Jul 14th 2014, 13:30 by J.S. and G.D. 
A quantified look at the situation in Israel and Gaza 

イスラエルとガザの状況について定量化された見解 

DESPITE international pressure for a ceasefire between Israel and Hamas, the violence in Gaza is entering its second week. The Israel Defence Forces (IDF) launched "Operation Protective Edge" on July 7th in response to militants firing rockets from Gaza. Since then, the Israeli military has hit more than 1,480 targets in the strip. At least 170 Palestinians have died, three-quarters of whom are civilians according to the United Nations. Meanwhile, rockets continue to rain down on Israel. A few of these include a new Syrian rocket, the M-302, which has a range of up to 160km (100 miles). This encompasses most of Israel's area and is more than double the range of previous rockets. Of the 1,000 launched from Gaza since July 7th, around 20% have been intercepted by Israel's defence shield, Iron Dome, which is designed to defend more heavily populated areas. The vast majority of the rest have struck Israel. 

Operation Protective Edge:境界防衛作戦 
ceasefire:停戦 
militants:過激派 
the Strip:ガザ地区 the Gaza strip
intercept:迎撃する
encompass:含む

イスラエルとハマス間の停戦を求める国際的な圧力がかかっているにも関わらず、ガザでの暴力が2週間目を迎えている。イスラエル防衛軍(IDF)は7月7日、ガザからロケット弾を撃ってくる過激派に対する「境界防衛作戦」を発表した。それ以来、イスラエル軍はガザ地区に1480回以上の攻撃を行っている。少なくとも170人のパレスチナ人が死亡した。しかし国連によればそうした死者の4分の3が一般市民だった。その間に、ロケットはイスラエルに落下し続けている。そうしたロケットの一部は、160キロ(100マイル)以上の射程範囲を持ったシリアの新型ロケットM-302も含まれている。この射程範囲はイスラエルの地域の大半を含んでおり、射程範囲は以前のロケットの2倍以上である。7月7日以来ガザから発射された1000のロケットのうち、大体20%がイスラエルの防御シールドである鉄のドームによって迎撃された。鉄のドームは人口密度が高い地域をより厳重に守るために作られたものである。残りの大半のロケットはイスラエルを襲っている。 

土曜日。今日はこれまで。相変わらず、このイスラエルとパレスチナの紛争は一向に解決しない。最近はこのニュースも読まなくなった。進展しないからだ。今もこの状況は変わっていない。

昨日はオラクルの椎木副社長と善波さんと会食。あとは一日中12時まで小説を書いていた。今日は1日海野塾だ。ここのところは多忙を通り越している。ではまた明日。


swingby_blog at 07:56コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月26日

世界はアメリカをどう見ているか 彼らは私たちに好意を抱いている

これはエコノミストだ。

How the world sees America 
They really love us 
July 14th 2014, 23:06 by J.P.P. | WASHINGTON, D.C. 

世界はアメリカをどう見ているか 
彼らは私たちに好意を抱いている 

VOTERS, journalists and just about everyone paying some attention to politics all tend to over-estimate the power of the president. When Barack Obama swept into office in 2008, Americans were dazzled by his promises of change at home and a more judicious mix of strength and humility abroad. Indeed, it was hoped the president would rescue America’s image after eight years of George Bush's brand of ham-fisted, cowboy-booted diplomacy. But many worry President Obama has also managed to tarnish the country’s brand, either through too little intervention, which has made America look weak (see Syria, Iraq and Ukraine), or through too much, which has made the country seem callous (the use of drones, phone-tapping and the like). 

just about:ほとんど
dazzle:目をくらます/眩惑させる 
judicious:賢明な/思慮分別のある having, showing, or done with good judgment or sense 
humility:謙遜・謙虚さ a modest or low view of one's own importance; humbleness. 
brand:烙印/象徴 a particular type or kind of something a particular identity or image regarded as an asset 
ham-fisted:不器用な 
tarnish:(名誉を)汚す 
intervention:干渉 
callous:無神経な showing or having an insensitive and cruel disregard for others 
phone-tapping:電話の盗聴

有権者、ジャーナリスト、そして政治にある程度関心を寄せている大半の人など全てが、アメリカ大統領の権限を過大評価している傾向がある。2008年にバラクオバマが大統領に就任した際、アメリカ人は母国の改革と、思慮分別のある強さと謙虚さの取り合わせた彼の外交への約束に目をくらませた。実際にはそうしたことは、不器用で、カーボイブーツを履いたジョージブッシュの烙印を押した8年後に、アメリカのイメージを、オバマ大統領が救うに違いないという希望を抱かせた。しかし多くの人は、(シリアやウクライナなどでの)アメリカを弱く見せた逃腰的な干渉や、あるいはアメリカを無神経だと思わせる(ドローンの使用や電話の盗聴など)過剰な干渉のどちらにおいても、オバマ大領が国のイメージを愚かにも汚してしまったのではないかと不安に思っている。 

But for all of this anxiety about what the rest of the world thinks, it seems America's star has not quite fallen, at least according to the Pew Research Center’s latest global public-opinion poll, published today. Foreigners don't much like being snooped on, and most countries disapprove of America's use of drones. Yet most places outside the Middle East still view America favourably, and nearly all of them like President Obama (though not as much as in 2008). 

snoop:詮索する 
favourably:好意的に 

しかし世界が思っているこうした全ての心配については、少なくとも最近公表されたピューリサーチセンターが行った全世界での最新の世論調査によると、アメリカの大統領の人気は完全には落ちてはいないようである。外国人は詮索されることが好きではなく、大抵の国はアメリカのドローンの使用に不賛成である。しかし中東外のほとんどの国は未だにアメリカを好意的に見ており、ほぼ全てのそうした国はオバマ大統領に好意を寄せている(2008年ほどではないないが)。 

The president's approval ratings did however drop considerably in the two countries most affronted by NSA meddling: Brazil and Germany. Yet these opinions should be placed in context. Brazilians have long been suspicious of America, and hardly need evidence of bugged phones to feel aggrieved. Indeed, the country's president, Dilma Rousseff, was once tortured for her opposition to a military government that most people on the Brazilian left believe was supported by America. So it might be odd if America's president was terribly popular there. Meanwhile Germany's internal history with snooping has left the country skittish about any signs of spying by officialdom. And even there Germans view America more favourably now than they did when Mr Bush was in charge. The one place where Obama’s America is much less popular than Mr Bush’s is Russia. But don't expect this to crop up in Republican sloganeering about the president or his approach to Vladimir Putin. 

affront:無礼な行為をする offend (の気分を害する) the modesty or values of 
NSA:National Security Agency 〈米〉国家安全保障局◆国防総省の諜報機関
meddle:干渉する
place in context:文脈の中で捉える
suspicious:疑い深い 
bugged:盗聴器をつける
aggrieve:不当な扱いを受けた/不服がある 
torture:非常な苦痛を与える 
odd:おかしい
snoop:詮索する・嗅ぎ回る
skittish:物怖じしやすい 
officialdom:官界 ・役人
crop up:現れる/持ちあがる 
sloganeer:新しいスローガンを作る 

しかしながらオバマ大統領の支持率は、NSAによる干渉によって最も無礼な行為を受けていた2カ国では相当に落ち込んでいた。ドイツとブラジルだ。しかしこうした見方はその背後にある文脈で捉えるべきである。ブラジルは長くアメリカに不信を抱いており、電話の盗聴の証拠がなくても不当な扱いを受けていたと感じたようである。実際に、ブラジルの大統領Dilma Rousseffは、アメリカが支援していたと多くのブラジル人が信じていた軍事政権との対立で非常に悩まされた。そのため、アメリカの大統領がブラジルで大きな人気を博すのは奇妙と言えるかもしれない。一方で、ドイツ国内のスパイ活動の歴史が、役人によるあらゆるスパイ活動の痕跡に対してこの国を過敏にさせている。そしてそこですら、ドイツ人はブッシュが大統領だった時と比べて現在のほうがより好意的にアメリカを見ている。ブッシュ大統領の時と比べてオバマのアメリカの人気が大きく低下した国の1つはロシアだ。しかしこのことで共和党内にオバマ大統領や彼のプーチンに対するやり方に関して世論を変えるスローガンを作る動きが現れることを期待してはいけない。 

金曜日。今日はこれまで。ここに書いてある通りで、オバマを悪く言う人は多いが、そうでもないということだ。実際の中東の動きが優柔不断だと批判する人がいるが、意図的にそうしているのかもしれない。外交は本当のことは言わない。中東から手を抜くための策だと思っている。

昨日の昼はSCSKの有澤さんと住商の栗林さんとの会食。その他は数時間の仕事があったが、8時間は小説を書いた。12時までだ。今日も同じで、昼はオラクルの椎木副社長との会食で、昨日と一緒。第6章まで修正したので、あと半分残っている。背景設定がまだ完了していないので、それを書く。整合性はまだまだだ。かなり過酷な日々が続いているが、来週いっぱいまでには目処をつけたい。体が持たない。今週はスケートもやめている。1分1分大事にしている。3月9日のインプレスセミナーの原稿は来週もう一度見直す。今週は無理だ。ではまた明日。



swingby_blog at 06:54コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月25日

マンダレーの中国系イスラム教徒たちは暴動に怯えている(5)

In an interview, Galonni, the monk, expressed the widely held view that the violence was backed by forces allied with conservative factions of the government that are trying to slow the country’s moves toward democracy ahead of landmark elections next year. “As we come closer to elections there will be more conflict,” he said. 

conservative faction of the government:政府の保守系派閥
landmark:画期的な 

インタビューでGalonni僧侶は、こうした暴動は来年の画期的な選挙後の民主主義に向けたこの国の動きを遅らせようとしている政府の保守系派閥と結びついた軍部が支援していたという、広く知られた見解を述べた。

David Scott Mathieson, an analyst with Human Rights Watch in Myanmar, wrote after the Mandalay riots that it appeared that the “violence was not just an organic eruption of communal resentment” and noted that it may have been linked to a planned visit to Mandalay on Sunday by Daw Aung San Suu Kyi, the opposition leader. Burmese analysts have speculated that the violence might be associated with efforts to slow her ascension in politics and ultimately derail her attempts to become president. 

organic eruption:生来の爆発
communal resentment:全住民が共有した憤り 
speculate:推測する 
ascension:上昇 
derail:脱線させる 

ミャンマーの人権擁護団体でアナリストを勤めるDavid Scott Mathiesonはマンダレーでの暴動後に、その暴動は「暴力は単に全ての住民が共有している憤りによる生来の爆発でない」ようだと書き、そしてその暴動は野党のリーダーであるDaw Aung San Suu Kyi(アウンサンスーチー女氏)が日曜日に予定していたマンダレーへの訪問と関連していた可能性があると言及した。ビルマ人のアナリストたちは、その暴動は政治における彼女の台頭を遅らせ、最終的には彼女を大統領にさせないようとする活動と関連していたかもしれないと推測している。 

Mr. Thein Win Aung, the imam, says religious strife is also being aggravated by what he describes as radical Muslims trained in India and the Middle East, who are preaching separation from Buddhist society. 

aggravate:さらに悪化させる make (a problem, injury, or offense) worse or more serious 
preach:伝道する 

イマムであるThein Win Aung氏は、宗教闘争は、仏教徒社会からの分離を流布している、インドや中東で修行を受けた過激イスラム教徒グループとして彼が述べていることによって、更に悪化させられているとも語っている。

Moderates in the city, both Muslims and Buddhists, are resigned to the reality that its live-and-let-live ethos, the greater tolerance of years past, is gone for now. 

are resigned to:甘んじる/観念する、諦める having accepted something unpleasant that one cannot do anything about 
live-and-let-live ethos:自分も生き他人も生かせという民族精神 
tolerance:寛容さ 

この街のイスラム教徒と仏教徒両方の穏健派たちは、過去の偉大な寛容さであった自分も生き他人も生かせという精神が現在では失われてしまったという現実を、半ば受け入れている。 

The restaurant owner, Mr. Yang, says that as tensions have risen over the last two years, he hides his religion from all but the closest of his Burmese friends. “If they serve pork, I say, ‘No, I can’t eat it — I’m allergic.’ ” 

そのレストランのオーナーYang氏は、過去2年間にわたって緊張状態が高くなっているために、彼は親友を除く全てのビルマ人に対して自分の宗教を隠していると言う。「もし彼らが豚を出したら“豚はアレルギーを起こすから食べられない”と私は言います。」 

Mr. Yang, who also has a Burmese name and whose family has been in Myanmar for several generations, says he feels most comfortable within the Panthay community, which is feeling increasingly ostracized by the Burmese. 

ostracize:排斥する. exclude (someone) from a society or group

ビルマ人の名前を持ってもおり親族は何世代もミャンマーで暮らしているYang氏は、ブルマ人によって徐々に排斥されていると感じてはいるが、パンゼーのコミュニティの中が一番落ち着くと言っている。 

“We feel like foreigners,” he said, “and they treat us like immigrants.”

「私たちが外国人のように感じ、彼らは私たちを移民のように扱います。」と彼は語った。 

木曜日。今日はこれまで。こうした宗教紛争は歴史的な葛藤があるので、解決は容易ではない。Aung San Suu Kyiはどのように彼らの紛争を対処するのだろうか。今後が見ものだ。

昨日は小説を朝4時から書いて、午前中だけでも六時間書いた。昼は皇漢堂の藤原専務との会食。そのあとは彼と今井さんの薬の会社を訪問。夜は筒井と川上さんとオークラで会食。贅沢な食事を筒井におごってもらった。今日の昼はSCSKの有澤さんと住商の栗林さんと会食。今日も1日小説を書く。いよいよ大詰めだ。ではまた明日。


swingby_blog at 08:39コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月24日

マンダレーの中国系イスラム教徒たちは暴動に怯えている(4)

The riots in Mandalay signaled a new level of threat in the religious strife: for the first time a big metropolis was at risk. 

strife:闘争 

マンダレーでのこの暴動は、この宗教闘争における脅威の新たな段階を特徴づけることとなった。すなわち、初めて大きな主要都市が危険な状態になった。

“No one really knows how the violence could escalate and who could be the next target,” said Thant Myint-U, one of the country’s leading historians. “There’s deep-seated prejudice against many minority communities, extremely high unemployment, rampant rumor mongering and a lot of general anxiety about the future. It’s an environment that’s very easy for anyone to exploit.” 

prejudice:偏見 
rampant:節度のない/自由奔放な 
mongering: 商売にすること、利用すること、夢中になること◆【用法】通例複合語として用いられる。◆【参考】warmongering ; disease-mongering ; fear-mongering  

denoting(意味する) a dealer or trader in a specified commodity・ a person who promotes a specified activity, situation, or feeling, especially one that is undesirable or discreditable: rumormonger | warmonger.

exploit:利用する make full use of and derive benefit from (a resource) use (a situation or person) in an unfair or selfish way benefit unfairly from the work of (someone), typically by overworking or underpaying them 

「誰もこの暴力がどのように拡大し誰が次の標的になるのか、本当には分からないのです。」と、この国の歴史家第一人者の一人Thant Myint-Uは語った。「多くの少数派のコミュニティに対する根深い偏見、極端に高い失業率、至る所で広まる根も葉もない噂、そして将来に対する多くの社会共通の不安があるのです。これらが誰もが容易に悪用できる環境になっているのです。」 

U Thein Win Aung, the imam of a mosque on the outskirts of Mandalay, says the city “is like a pile of wood ready to burn.” 

imam:導師 
outskirt:都市の中心から外れた地域 

マンダレーの都市の中心地から離れた地域にあるモスクのイマムであるU Thein Win Aungは、この町は「燃やす前の積み木のようです」と言っている。 

“It will take just one spark,” said Mr. Thein Win Aung, who is active in interfaith groups that are trying to stave off conflicts in the city. 

interfaith:異教徒間の 
stave off:食い止める avert or delay something bad or dangerous: 

「1つの火種だけで燃え始めるでしょう。」と、この街での紛争を食い止めるようとている異教徒間のグループで活動をするThein Win Aungは語った。 

The violence in Mandalay, which was set off by unconfirmed reports on Facebook of a rape of a Buddhist woman by two Muslim men, could have been much worse had it not been for the intervention of a Buddhist monk and former political prisoner, Mr. Thein Win Aung and others say. 

intervention:介入 
set off:引き起こす cause a series of things to occur: 

Facebook上に2人のイスラム教徒の男が仏教徒の女性をレイプしたという事実かどうかは不明な投稿がきっかけで起こったマンダレーでのこの暴動は、もし仏教徒の僧侶と先の政治犯の介入がなかったら、相当悪化していたとThein Win Aung氏や他の人は言っている。 

The monk, Galonni Sayadaw, approached the roving bands of young Buddhist men and urged them to return to their homes. The monk also publicly exhorted the chief of police, who as in previous bouts of religious unrest did not immediately intervene, to disperse the crowds. 

roving:放浪する
publicly:公然と
exhort:強く忠告する 
bouts of:〜が発している間 
religious unrest:宗教不安 
intervene:干渉する 
disperse:解散させる 

Galonni Sayadaw僧侶は、うろついている若い仏教徒の一団に近づいていき家に帰るように促した。彼はまた、以前宗教不安が発生していた時にすぐに間に入らなかった警察長に対して、群集たちを解散させるように公然と強く苦言を呈した。

At the end of two nights of violence, the damage to property was not as severe as in some other cities racked by religious violence: a number of cars in Indian Muslim neighborhoods had been burned and mosques had been attacked with stones but were not seriously damaged. But the two men killed — a Buddhist, U Tun Tun, and a Muslim, U Soe Min — were brutally murdered. The body of the Muslim man was identifiable by his wife only by a distinctive blemish on one of his toes. 

rack:苦しめる (also wrack)cause extreme physical or mental pain to; subject to extreme stress 
brutally:悪い方法で 
identifiable: distinctive:特色のある 
blemish:傷 
toe:つま先 

二夜に渡る暴動後の建物や所有物に対する被害は、宗教的な暴動で苦しめられた他の街ほど深刻ではなかった。インド系イスラム教徒が住む界隈では多くの自動車が燃やされ、甚大な被害はなかったがモスクは石で襲撃された。しかし、仏教徒のU Tun Tunとイスラム教徒のU Soe Minの死亡した2人の男性は残忍な殺され方をした。イスラム教徒の男性は、彼の妻がつま先にある特徴的な1つの傷によって、ようやく身元を確認することが出来た。

水曜日。今日はこれまで。今回の記事はロヒンギャの虐待の事実とを理解する上で面白い記事だ。さて、小説を書くことは大変なことだ。それがなくても忙しい毎日なのに、諸説を書くということで、それ以外に、六時間とか八時間が制約される。しかもそれは時間ではなく、強度の集中力が要求される。しかも描いた結果がつまらないことも多い。昨日は三菱樹脂の石澤さんと会食。午後はインタートレードの尾崎社長と内藤さんを訪問した。今日の昼は皇漢堂の藤原専務との会食。午後は中国での薬販売の今井さんの会社訪問。夜は西本願寺の僧侶の川上さんと筒井さんと会食。忙しい1日だが、時間を見て六時間は小説を書きたい。今朝は4寺に起きたが7時までには雑務を終わらせたい。ここのところ、不思議なことだが、日中、寝不足でも居眠りはしない。ではまた明日。


swingby_blog at 05:26コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓