2014年12月28日

弱体化する西側諸国 アメリカは何のために闘っていたのか? (3)

Such mind games in the badlands of eastern Ukraine and the South China Sea may feel far away from Toledo or Turin. But the West will also end up paying dearly for the fraying of the global order. International norms, such as freedom of navigation, will be weakened. Majorities will feel freer to abuse minorities, who in turn may flee. Global public goods, such as free trade and lower cross-border pollution, will be harder to sustain. Global institutions will be less pliable. Americans understandably chafe at the ingratitude of a world that freeloads on the economic, diplomatic and military might of the United States. But Americans themselves also enjoy the exorbitant privilege of operating in a system that, broadly, suits them. 

badland:悪地 
Turin:トリノ イタリア
dearly:心から/非常に 
end up paying:支払うことになる
pay dearly:多大の犠牲を払う/非常に高くつく
fraying:ほころび/不安定 
abuse:虐待する/酷使する 
pliable:柔軟な 
understandably:はっきり分かるほど 
chafe at:〜に苛立つ 
ingratitude:恩知らず/感謝の気持ちがないこと 
might:力/権力 
broadly:露骨に
exorbitant:適正な範囲を超えた/法外な 

ウクライナ東部や南シナ海の不毛の地域でのそうした心理戦はトレドやトリノからは遠く離れていると感じるかもしれない。しかし、西側諸国はまた、世界秩序のほころびに対して多大な犠牲を払うことになるだろう。航行の自由といった国際規範は弱まることになる。多数派はより気兼ねなく少数派を虐待することになり、彼らはそれに応えて、逃げていくかもしれない。自由貿易や国境を超えた環境汚染の低減といった世界的公共財は維持するのが難しくなる。国際機関は柔軟ではなくなる。アメリカは、アメリカの経済的、外交的、軍事的な力をただで使っている世界に感謝の気持ちがないことに明らかな苛立ちをみせている。しかし、アメリカ自身も露骨にアメリカに適した仕組みのなかで活動できるという適正な範囲を超えた特権を享受してもいる。 

A hegemon’s headaches
The critics who pin all the blame on Mr Obama are wrong. It was not he who sent troops into the credibility-sapping streets of Baghdad. More important, America could never sustain the extraordinary heights of global dominance it attained with the collapse of the Soviet Union. As China grew into a giant, it was bound to want a greater say. And the president has often made the right call: nobody thinks he should have sent troops to Crimea, despite the breaking of the 1994 agreement. 

pin the blame on:責任を負わせる 
sapping:弱らせる/低下させる 
make the call:決断を下す 
bound to:する運命にある。

覇権国の悩みの種 
全ての責任をオバマ氏に負わせる批判者は間違っている。バクダッドの信用を低下させている街路に軍隊を派遣したのは彼ではなかった。より重要なのは、アメリカはいまだかつてソビエト連邦の崩壊と共に獲得した桁外れに大きな世界的優位性の頂点を維持できたことはなかった。中国が大国に成長したため、当然のようにより大きな発言権を持ちたくなった。そして、大統領は多くの場合、正しい決断を下してきている。1994年の合意の違反があったにもかかわらず、彼がクリミアに軍隊を派遣するべきであったと考えている人は誰もいない。 

Yet Mr Obama has still made a difficult situation worse in two ways. First, he has broken the cardinal rule of superpower deterrence: you must keep your word. In Syria he drew “a red line”: he would punish Bashar Assad if he used chemical weapons. The Syrian dictator did, and Mr Obama did nothing. In response to Russia’s aggression, he threatened fierce sanctions, only to unveil underwhelming ones. He had his reasons: Britain let him down on Syria, Europe needs Russian gas, Congress is nervous. But the cumulative message is weakness. 

cardinal:基本的な 
underwhelming:迫力に欠ける 
let dwon :期待を裏切る
cumulative:蓄積された 

しかし、オバマ氏は2つの意味で困難な状況を更に悪くしてしまっている。1つ目は、彼が“言ったことは守らなければならない”という超大国の抑止力の基本的なルールを違反してきていることである。シリアの件で彼は“レッドライン”を引いた。つまり、もしバシャール・アサドが化学兵器を使えば、彼はアサドを罰することになっていた。シリアの独裁者はそれを行い、オバマ氏は何もしなかった。ロシアの武力侵略に対しては、厳しい制裁を行うと脅したが、結局は迫力に欠けるものを公表しただけであった。彼なりの理由はある。イギリスはシリアの件で彼の期待に背き、ヨーロッパはロシアのガスが必要で、議会は神経質になっている。しかし、蓄積されたメッセージは弱さである。 

日曜日。今日はこれまで。昨日は海野塾があり、午後は日本語であったので、楽しく過ごした。今日はいつもの予定通りだ。今年最後のスケートで溜池山王に行く。今日も1日忙しい。ではまた明日。


swingby_blog at 06:58コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓