2015年01月31日

日本企業はグローバル市場で競えるのだろうか…?(7) 日本の経験不足の新興企業がグローバル市場で競争でできるのか?

The Beijing offices of Japanese law firms are staffed with only two or three Japanese lawyers. Their job, says Givens, is to talk to Japanese clients who don’t feel comfortable doing so directly with a Chinese lawyer. Freshfields, on the other hand, is a non-Japanese global law firm that has 40 or 50 lawyers in Beijing, many of them Chinese. Says Givens, “They work together like the team from Goldman Sachs.” He poses the same question raised about Nomura and Dentsu − “Why would any non-Japanese company use a Japanese law firm in China?” He believes there is no reason to do so if you speak English or are happy dealing directly with Chinese lawyers. “Would Prada use a Japanese law firm as its lead counsel for its global IPO?” asks Givens. “No. The kinds of Japanese companies that use a Japanese law firm in China are those that want to raise their overseas sales ratio from 20 to 30% and who don’t feel comfortable dealing directly with Chinese people. It is too ‘mendokusai’ (troubling, bothersome).”

日本の法律事務所の北京オフィスは、たった2,3人の日本人弁護士しかいない。Givensが言うには、彼らの仕事は、中国の法律事務所と直接やりとりすることに慣れてない日本人クライアントと話すことだ。それとは対照的に非日系のグローバル法律事務所であるFreshfieldsは、北京でその多くが中国人である40,50人の弁護士を雇っている。「彼らはゴールドマンサックスから来たチームのように一緒に働いている。」とGivensは言う。彼は野村や電通の時に持ち上がった質問を取り上げていう。「なぜ非日系企業は中国で日本の法律事務所を使わないのだろうか?」 もしあなたが英語を話し、中国の弁護士と直接取引するのが良いのなら、日本企業を使う理由はないと彼は考えている。「プラダは世界的なIPOを行なうための主任弁護士として、日本の法律事務所を利用するだろうか?」とGivensは尋ねる。「それはない。中国で日本の法律事務所を使うほとんどの日本の企業は、海外売上比率を20-30%から高めようとしているが、彼らは中国人と直接取引することに慣れていない。それはかなり「めんどくさい」(厄介で、煩わしい)のである。

Givens ends his global competitive analysis by raising a concern shared by Beacon Reports: How is this going to play out? “I don’t think we’re going to see Japanese companies transforming themselves into an AB InBev, a Goldman Sachs or even a Freshfields,” says Givens. “Rather I ask, ‘How much longer will it be before foreign global firms penetrate the Japanese market?’ I think the day is coming, when the barriers get low enough, that the Japanese may lose control over the very domestic markets they had assumed were theirs.”That day may arrive sooner than many realize.

GivensはBeacon Reportsが持ち込んだ懸念点を取り上げて、グローバル競合企業の分析は終わりにした:つまり、この懸念点がどのように展開するのだろうか?「我々は、AB InBevやゴールドマンサックス、あるいはFreshfieldsのような企業へと変貌を遂げる日本企業を見る事はないだろう。」とGivensは言う。「寧ろ私は”外資系のグローバル企業が日本市場を浸食するまでに、残りどれくらい時間があるのか”と尋ねたい。障壁が十分に低くなり、日本企業が自分たちの物であると思っていたまさにその国内市場の支配を失うかもしれない日が近づいていると私考えている」。そのような日は恐らく多くの人が認識しているよりも早く訪れるかもしれない。

(Data and charts, based on company financials, are provided courtesy of Stephen Givens.) 

Steven Givens 
Steven Givens Pic

これはBeacon reportだ。

POSTED ON October 20, 2013 
BY RICHARD SOLOMON  
Japan’s ‘hidden champions’

日本の「隠れた王者たち」

Main Pic4

fledgling:経験不足の/青二才の

日本の経験不足の企業がグローバル市場で競争でできるのか?

In an earlier article titled, ‘Can Japanese firms compete in global markets?’ we examined the struggle that well-known Japanese firms have competing for global market share. How are Japanese entrepreneurial mid-sized companies fairing globally?

先の記事のタイトル「日本企業はグローバルマーケットで競えるのだろうか?」では、我々はグローバル市場シェアを競っている有名日本企業の苦戦について検証してきた。日本の中規模の新興企業はグローバルでどのようにしてうまくやっていくのだろうか?

To answer that question, Beacon Reports turned to Dr. Stefan Lippert, a former McKinsey & Company consultant who teaches business studies at Temple University in Tokyo. Dr. Lippert researches ‘hidden champions’ – entrepreneurial firms which have a clear business focus and that go global early in their lives. There are about 2,700 such firms worldwide, including 230 in Japan, which form the core of Dr. Lippert’s interest.

この質問に答えるために、Beacon Reportsは東京のテンプル大学でビジネスを教えている前マッキンゼー&カンパニーのコンサルタントだったDr. Stefan Lippertのもとへ出向いた。Dr. Lippertは「隠れた王者」—1つの明確なビジネスの目的を持つ、創業間もない時期にグローバル進出をしている新興企業を研究している。世界中にそのような企業は約2,700社、日本企業は230社が含まれており、そうした企業がDr. Lippertの興味の中心となっている。

土曜日。今日はこれまで。昨日は昼のアポがキャンセルになったので、4時からの三菱化学の田中さんのアポまで小説が書けた。帰ってからは今日の海野塾の準備と英文の資料の整理だ。溜まっているので、たいして捗らなかった。今日は海野塾だ。ではまた明日。

swingby_blog at 08:03コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓