2015年02月26日

アジア全域にわたり、裁判官が政治に対する過度な発言力を持っている (2)

Various trends are at work. One, evident in India and Pakistan, is an enduring tradition of activism by a robustly independent judiciary. Often this has made the courts popular by comparison with the perceived lethargy, incompetence or malice of politicians. Public-interest litigation and its ability to make rulings suo moto (off its own bat) have encouraged India’s Supreme Court to meddle in environmental and social policy. It has forced Delhi’s buses, taxis and tuk-tuks to convert to compressed natural gas from dirtier fuels and has taken charge of India’s trees. The court’s green interests might please liberals, but they rued a ruling last December that overturned a Delhi High Court decision lifting a ban on homosexuality. In Pakistan the courts helped bring down Mr Musharraf, but then proceeded to hound his civilian successor, Asif Ali Zardari, through his five-year term. 

enduring:長く続く/不朽の/我慢強い 
robustly:頑丈に/確実に 
make popular:評判を高める
lethargy:無気力 
malice:悪意/犯意 
litigation:訴訟 
ruling:判決 
off one’s own bat:独力で 
meddle:干渉する 
rue:後悔する 
overturn:ひっくり返す 
lift:解除する/撤廃する 
hound:追跡する/しつこく追いかける 

様々な動きがある。インド、パキスタンで明らかなことは、しっかりと独立した司法による長きにわたる行動主義の伝統である。この事は、政治家の目に見える無気力さ、無能さ、悪意との比較で、たびたび裁判所の評判を高めている。公益に関わる訴訟や独力で判決を下せる力量はインドの最高裁が環境政策、社会政策に干渉することに自信を与えてている。最高裁はデリーのバス、タクシー、トゥクトゥクに低質燃料から圧縮天然ガスに変えることを命じ、インドの木々の管理を引き受けている。裁判所の環境保護に対する関心はリベラル派を喜ばせただろうが、彼らは同性愛に関する禁止事項を撤廃するとするデリー高裁の決定をひっくり返した昨年12月の判決を悔やんでいる。パキスタンでは、裁判所がムシャラフ氏を倒す手助けをしたが、その後、彼の民間人の後継者であるアースィフ・アリー・ザルダーリーを5年の間、執拗に追いかけ続けた。 

Elsewhere, however, governments use the law as an instrument of political control. That is most obvious in one-party dictatorships such as China and Vietnam. But the suspicion of judicial persecution lingers even in countries whose governments present themselves as relatively liberal—such as Malaysia’s, which has lifted some repressive colonial-era legislation. Yet, after a close general election last year, a number of opposition politicians face charges for sedition or for breaches of the law on assembly. The most serious case has nothing to do with politics. It is the five-year sentence on a charge of sodomy against which Anwar Ibrahim, the leader of the opposition, is appealing. 

persecution:迫害 
linger:残存する/長引く 
repressive:圧政的な 
sedition:(国家に対する反乱の)扇動 
sodomy:男色 

しかし、他の場所では政府が法律を政治的支配力の道具として使っている。それは中国やベトナムのような一党独裁制では明らかである。しかし、植民地時代の法律を撤廃したマレーシアのように政府が比較的リベラルであることを自称する国にあっても、司法的な迫害の疑いが残っている。さらに、昨年の接戦であった総選挙の後、多くの野党の政治家が国家反乱扇動や集会を禁ずる法律に違反したとする容疑を受けている。最も深刻な事例は政治とは全く関係のないことである。それは、野党党首であるアンワル・イブラヒムが上告している男色容疑に対する5年の懲役である。 

When Barack Obama visited Malaysia last month, Najib Razak, the prime minister, stressed that the Anwar case was a judicial matter in which the government had no part. Yet it was the government’s own appeal which led to Mr Anwar’s earlier acquittal being overturned. He is the figurehead who unites a diverse opposition torn at present by disagreement over the plan of one of its components, an Islamic party, to introduce fierce hudud punishments, such as amputations, in Kelantan, a state it governs. His disappearance into jail would be most damaging. 

acquittal:無罪判決 
figurehead:名目上のリーダー 
amputation:切断 
hudud:イスラム刑罰法規 重罪に対する抑止罰を含む、アラーによって定められた規制を述べたイスラム法

バラク・オバマが先月マレーシアを訪れた際、首相のナジブ・ラザクは、アンワルの事例は政府の関与は全くない司法上の問題だと強く主張した。しかし、それは以前、アンワル氏の無罪判決をひっくり返したのは政府自身の上告であった。野党の1党であるイスラム党が支配する州であるカランタンにおいて、切断といった激しいイスラム法の罰を導入しようとする計画を巡る論争によって現在分裂した多様な野党をまとめる名目上のリーダーである。彼が刑務所に入り姿を消してしまうことは最も大きな損害である。 

木曜日。今日はこれまで。昨日の昼はグリーの相川さんと会食。午後はキャプランでプレゼンテーション。あとは英語の資料の整理。11時まで。今日は久しぶりに沖縄から戻ったインテリジェンスの吉川さんと会食。午後は銀行のセミナーと異業種交流会に参加。それでも小説の時間を取る。ではまた明日。

swingby_blog at 08:31コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓