2015年02月27日

アジア全域にわたり、裁判官が政治に対する過度な発言力を持っている (3)

Thailand is illustrative of a third trend: for conservative judiciaries, when a time-honoured political dispensation changes, to find themselves, in effect, part of the opposition. Like much of the civil service, army and other pillars of Thailand’s royalist establishment, the judiciary abhors the Shinawatras’ alleged corruption with a special intensity in part because it fears their popularity, and hence their ability to overturn the accustomed order. In the Maldives, too, the courts helped get rid of a popular leader in 2012. Mohamed Nasheed was the first directly elected president after a long dictatorship. He threatened to shake things up, but lost a power struggle with a judge. 

illustrative:実例となる/説明に役立つ 
time-honoured:昔からの/伝統的な 
dispensation:体制 
royalist:王政主義的な 
abhor:〜を忌み嫌う/遠ざける 
intensity:激しさ 
:慣れている秩序
shake things up:大改造する

タイは3つ目の動向の例である。伝統的な政治体制が変わった際、保守的な裁判官が自分たち自身が実質的に反対勢力の1部であることを気付くということである。多くの官公庁、軍隊、タイの王党派権力層の中枢と同じように、司法もシナワトラの汚職容疑をとりわけ激しく嫌悪している。その理由の1つは、司法が彼らの人気、つまりこれまで慣れ親しんだ慣習をひっくり返す力を恐れているためである。モルジブでも、裁判所が2012年に人気のあるリーダーを追放する手助けをしている。モハメド・ナシードは長く続いた独裁政権の後、初めて民生的に選ばれた大統領であった。彼は大改革をすることをほのめかしたが、裁判所との権力闘争に負けた。 

The Singapore sting
The lesson drawn from all this by authoritarian ruling elites facing pressure for reform is how important it is to have the courts on your side. Not only does it avoid awkward stand-offs; it helps foster the impression that you are moving towards “the rule of law”. So, in Sri Lanka, the government of Mahinda Rajapaksa early last year impeached and sacked a troublesome chief justice. And in Cambodia laws now being considered would have the effect of emasculating judicial independence. 

awkward:厄介な/ぶざまな 
impeach:弾劾する/起訴する 
sack:解雇する 
emasculate:〜を弱体化する/骨抜きにする 

シンガポールスリングをもじって、シンガポールのひと刺し 
改革を求める圧力に直面する独裁的な支配者によるこれらの事例から得られる教訓は、裁判所を味方につけることが如何に大事かということである。このことは厄介な対立を避けるだけでない。“法治”に向かっているという印象を促すことにもなる。スリランカではマヒンダ・ラージャパクサ政府が昨年初め、問題の多い裁判長を弾劾し解雇した。また、カンボジアでは、現在検討されている法律は司法の独立性を骨抜きにする効果を持つことになるだろう。 

Cambodia’s strongman, Hun Sen, is known to cast an envious eye at an unlikely role model: Singapore. There, the ruling People’s Action Party has been in power even longer than his own Cambodian People’s Party (CPP). And it has managed this without resorting to the thuggery and coups that have ensured the CPP’s grip. Part of the PAP’s secret is its use of the law. Strict defamation and contempt-of-court laws inherited from the British were invoked against foreign critics and domestic opponents, forcing some into bankruptcy. Lee Kuan Yew, the founding prime minister, whose son now holds that job, justified this as necessary to protect Singapore’s leaders’ reputations, rather than as a way of hounding the opposition. But it had the same effect. 

strongman:絶対的指導者 
envious:羨望する 
resort to:〜に訴える/を用いる 
thuggery:暴行 
grip:支配力 
defamation:中傷/名誉棄損 
contempt of court:法廷侮辱(罪) 
inherit:〜を受け継ぐ/引き継ぐ 
invoke:行使する/かき立てる 
hound:追い回す

カンボジアの絶対的指導者であるフン・センは滅多にないお手本であるシンガポールに羨望の目を向けていることで知られている。与党・人民行動党(PAP)は彼自身のカンボジア人民党(CPP)よりもさらに長く政権の座にある。また、PAPは、CPPがそれによって支配力を確保してきている暴力やクーデターを用いずに長期政権を続けている。PAPがそうしてこれていることの秘訣の1部は法律の利用にある。英国から引き継がれた厳格な名誉棄損罪、法廷侮辱罪の法律は外国人批評家、国内の反対派に対して行使されその幾人かを破綻させている。初代首相でありその息子も今同じ職にあるリー・クアンユーはこの事を、敵を執拗に追及するものとしてではなく、シンガポールのリーダーの名声を守るために必要なものだとして正当化している。しかし、それは同じことである。 

金曜日。今日はこれまで。昨日の昼は沖縄で日本の安全保障を担当していた吉川さんと会食した。彼女は日本人で数少ないグローバルリーダーだ。今回、仲井真知事が落選してしまったので、東京に戻ってきた。午後はSMBCの講演会で、飯島先生の講演を聞きに行ったが、音響がハウンドして、何もわからなかった。わずか25名限定招待のセミナーであったが、こういうのは初めてだった。今日の昼は花王の岡田さんで午後はJETROだ。明日は海野塾なので、今日は予習がある。ではまた明日。

swingby_blog at 05:44コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓