2015年09月30日

習近平の下での米中関係の将来

U.S.-China 21
The Future of U.S.-China Relations Under Xi Jinping
Toward a new Framework of Constructive Realism for a Common Purpose
Summary Report

習近平の下での米中関係の将来
共通の目的に向けての建設的な現実主義の新たな枠組みに向けて

The Honorable Kevin Rudd

ケビン・マイケル・ラッド(Kevin Michael Rudd, 1957年9月21日 - )は、オーストラリアの政治家。第26代オーストラリア連邦首相。1998年からクイーンズランド州ブリスベン南部のグリフィス選挙区選出の連邦下院議員である。漢字での名は「陸克文」。キャンベラのオーストラリア国立大学では中国語と中国史を専攻し流暢な北京語を話す。中国政府関係者と会談する時は北京語で話すこともある。

43

Belfer Center for Science and International Affairs
Harvard Kennedy School
79 JFK Street
Cambridge, MA 02138
Fax: (617) 495-8963
Email: belfer_center@harvard.edu Website: http://belfercenter.org
Copyright 2015, President and Fellows of Harvard College Printed in the United States of America

Introduction

The future relationship between China and the United States represents one of the great mega-changes and mega-challenges of our age. Unlike other such changes, the consequences of China’s rise are unfolding gradually, sometimes purposefully, but most of the time imperceptibly while the world’s attention is drawn to more dramatic events elsewhere. With the rise of China, we are observing the geopolitical equivalent of the melting of the polar ice caps. Slowly the ice thins, cracks appear and one day a large sheet of ice spectacularly peels away. If captured on camera, the world momentarily sits up and pays attention before CNN returns our gaze to the drama of the Islamic State of Iraq and the Levant’s most recent atrocity.

purposefully:固い決意を持って
imperceptibly:いつの間にか
equivalent of:に相当するもの
polar ice cap:極地の氷冠
spectacularly:壮大に/見事に
momentarily :今にも/すぐに

将来の米中間の関係が我々の世代の巨大な変化と巨大な課題の1つを象徴している。世界の関心は他の場所のより劇的な事件に向けられている間に、他の変化とは違い中国の台頭は、徐々に、時には固い決意を持って、しかし多くの場合では気が付かない内に展開していっている。中国の台頭については、われわれは地政学的に極地の氷冠の溶解に相当するものを現在目撃している。氷はゆっくりと薄くなり、裂け目が現れ、そしていつか巨大な氷の板が壮大に剥がれ落ちていく。もしカメラでとらえられていれば、CNNが我々の視点をISILの最近で最も残虐な行為の映像へと変える前に、世界はすぐに驚き、そして注意を向けるだろう。

When China’s GDP, after decades of rapid economic growth, and despite recent slowing, eventually surpasses that of the United States over the next decade, it will be the first time since George III that a non-Western, non-English-speaking, non-liberal democratic state will become the largest economy in the world. This will reflect a profound shift in the center of global geo-economic gravity. And with this shift in economic power there also comes inevitably a shift in political power. We have seen spectacular evidence of this in recent times with the last-minute stampede of political support from Western governments around the world to become founding members of China’s proposed Asian Infrastructure Investment Bank (AIIB), in defiance of Washington’s objections. This was one of those times when we could, at least for a moment, see a sheet of ice suddenly peel away, before all of us went back to watching the latest episode in the ongoing, eternal drama that is the wider Middle East.

stampede:突進
defiance:反抗的な態度

近年は鈍化してはいるもののこの10年間の急激な成長の後に終に中国のGDPが次の10年間でアメリカのGDPを追い越すことになる時、英語圏外でかつ非自由民主主義国家が初めて世界最大の経済国になる。これは地経済的な中心の重大なシフトを反映することになり、この経済的なパワーシフトは必然的に政治的なパワーシフトにもなる。

George III:ジョージ3世(英語: George III, 1738年6月4日 – 1820年1月29日)は、イギリス・ハノーヴァー家第3代の国王(在位:1760年10月25日 - 1820年1月29日)。アメリカ植民地への課税がきっかけでアメリカ独立戦争を招き、北アメリカの領土を失った。自分の課した重税問題や身内のスキャンダルに苦悩した上に、1811年には認知症となり、以後ウィンザーで生活、長男の王太子ジョージ4世が摂政として政務を執った。在位60年は孫娘にあたるヴィクトリア女王の63年、その玄孫の現女王エリザベス2世の62年に次ぐ歴代第3位である。

Notwithstanding this gradual shift in the global distribution of economic power, over the course of the same decade the United States will nonetheless remain the dominant regional and global military power, and by a massive margin. While China’s increasing defense spending will continue to close the gap, there is no serious prospect of it reaching military parity with the U.S. before mid-century, if at all. China, like the rest of the world, will remain justifiably mindful of America’s overwhelming military power. This is a core assumption in Chinese strategic thinking.

Notwithstanding:にもかかわらず
nonetheless:それでもやはり
by a massive margin:巨大な差をつけて
parity:同等であること
if at all:仮にそうであったとしても、
justifiably :当然に
mindful:意識している 

ここ10年間で中国は経済力では米国との差を埋めてきているが、軍事力ではいまだに米国との差が埋まりそうではなくアメリカの地域規模、地球規模の軍事力の優位性は維持されている。当然中国は軍事力においても米国を追い越すことを狙っているのが、中国の戦略を考える上での重要な仮定となる。

We are, therefore, seeing the emergence of an asymmetric world in which the fulcrums of economic and military power are no longer co-located, but, in fact, are beginning to diverge significantly. Political power, through the agency of foreign policy, sits uncomfortably somewhere in between. As a result, in the absence of sophisticated diplomacy, over the coming decade we are likely to see more differences emerge between Washington and Beijing, rather than fewer. This will be exacerbated by the underlying reality that the U.S. and China have different national interests. They come from vastly different civilizational, cultural and linguistic traditions. They have significantly different sets of values. Neither has a history of close strategic collaboration with the other. Instead, their shared strategic history is a combination of proxy conflict over Taiwan, open conflict in Korea, and deep ideological enmity, followed by a period of pragmatic collaboration against a common enemy in the Soviet Union, and, more recently, a period of significant economic interdependence.

asymmetric:不調和の/非対称の
fulcrum:テコの中心/支点
co-located:共同設置の
diverge:分岐する
somewhere in between:中間のどこかに
enmity:憎しみ/敵意
pragmatic:現実的な
interdependence:相互依存

経済力と軍事力のテコの中心は一致しておらず、外交政策の要因である政治力はその間にある不安定な場所に位置している。その結果として次の10年間はワシントンと北京の間でより多くの新たな相違が見られるようになる。そしてそれは、米国と中国の利益の不一致、文化の違いでより悪化していく。一方で近年では両国は大きな経済的な相互依存の時代である。

The consequences of this emerging strategic and economic asymmetry in the U.S.-China relationship will first manifest themselves in the Asia-Pacific region. As Robert Kaplan has reminded us recently, geography does indeed matter. It is in this region that the U.S. and China experience direct contact through their territorial proximity (Guam) and the deployment of their various national military, naval and air assets. This is compounded by: the presence of both Chinese and U.S. allies (North Korea in China’s case; Japan, the ROK, the Philippines, Thailand and Australia in the case of the U.S.); an even broader set of non-alliance military partnerships, principally with the U.S.; and a vast array of contested territorial claims between regional states, including three American allies, and China. Yet, at the same time, it is a region in which China is now a significantly more important trading partner than the U.S. for every country in Asia, including every single American military ally and strategic partner. China is also becoming an increasingly important investment partner. To avoid the longer-term bifurcation of the region into different camps, the challenge for Asia is to craft a common institutional future for an increasingly divergent region—a region in which pan-regional institutional structures can at present best be described as “thin.”

manifest:はっきり示す
Robert Kaplan:アメリカのジャーナリスト(1952-)
compounded:入り混じった
bifurcation:分岐 

米中関係における新たな戦略的かつ経済的な不均衡の結果はアジア太平洋地域ではっきりと見て取れる。米中間が直接退治しているものは以下の3つである。
●中国と米国の同盟国(北朝鮮、日本・韓国・フィリピン・タイ・オーストラリア)の両方のプレゼンス
●特に米国の非同盟軍事パートナーシップの国境認識
●アメリカの同盟三か国を含む地域国と中国間で対峙している多くの一連の領土に関する主張

The shifting balance of economic power is also beginning to be seen globally, where China’s economic presence in Africa, Latin America and Europe also challenges the long-standing economic primacy of the United States. China’s growing global economic and political role will also begin to reshape international norms, rules and institutions. It will reverberate across geopolitics, global trade, investment, capital flows, reserve currency status, climate change, other environmental challenges and global people movements. And it will also influence the great questions of war and peace in the decades ahead.

primacy:首位
reverberate:影響を及ぼす

経済力のバランスのシフトは地球規模で始まっており、アフリカ、南アメリカ、ヨーロッパもまた長期的なアメリカの経済的な優位性の課題に直面している。中国の地球規模で拡大する経済と政治の役割は、国際的な慣例やルール、体制を再構築し始めることにもなるだろう。

水曜日。今日はこれまで。前回のForeign Affairas Comissionの記事に引き続き、今回は中国通のKevin Raddの中国戦略の記事だ。昨日の朝は昭和医大の目の検診があったが、3時間も待たされた。昼はいつもの仲間の昼食会があった。その後は損しの資料の作成で夜遅くまで時間を使ってしまった。今日の昼は久しぶりに長女と会食だ。NECで課長をしている。ではまた明日。

swingby_blog at 05:23コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓