2015年08月30日

アメリカの対中国総合戦略の見直し(2)

A number of policy prescriptions follow, including the adoption of policies designed to produce more robust economic growth in the United States; new trade arrangements in Asia that exclude China; a stricter technology-control regime affecting exports to China; a larger, more capable, and more active U.S. air and naval presence in the Asia-Pacific region; more intimate U.S. strategic ties with Japan, Australia, the Republic of Korea, India, the countries of southeast Asia, and Taiwan; and a considerably tougher set of measures to counter Chinese behavior in the cyber realm.

prescriptions:処方箋
considerably:かなり
realm:領域

そのためにはまず第一にさらなるアメリカの力強い経済成長をもたらすよう計画した政策を採用することである。そして、中国を外したアジア諸国との貿易提携、中国への輸出を意識したより厳格な技術流出の防止、アメリカのアジア地域における海空のプレゼンス、アジア諸国とのさらなる緊密な戦略的な提携、中国のサイバー攻撃に対してのより厳格な阻止手段の構築である。

Interestingly, the report also argues for an intensification of U.S.- Chinese diplomatic contacts, recommending a discourse that is “more candid, high-level, and private than current practice.” The focus of such talks would be not on the internal political character of China, but on such issues as Asian security, and would possibly involve experienced external persons on both sides who would presumably be less constrained by the sorts of rigidities and conventional thinking normally associated with bureaucracies.

 intensification:強化
candid:偽りのない
presumably 多分
rigidities:硬直

米中の外交上の接触の強化を行い、現状以上に偽りのない、高いレベルの、私的な対話が必要である。そうした対話は中国の内部の政治的なものではなく、アジアの安全保障のような話題であり、双方からの経験ある政府外からの人材も含めることによって、官僚に有り勝ちな硬直さとか月並みなものの考え方の類から多分解放されるであろう。

It is clear, though, that this call for real dialogue is not motivated by any great optimism of what it can achieve. Indeed, the authors conclude by noting that “the most that can be hoped for is caution and restrained predictability by the two sides as intense U.S.-China strategic competition becomes the new normal, and even that will be no easy task to achieve in the period ahead.”

restrained;節度ある
predictability:予測/予見
in the period ahead:今後において

真の対話を求めることは何が達成されうるかといういかなる偉大な楽観主義によって動機付けされることはないというは明らかだ。強い米中の戦略的な競争が新たな常態となるので、期待されうる最大のことは双方による慎重さと節度ある予見である。そして、さらに将来の期間において達成されるべき課題は容易なものではない。

Both authors anticipate that their analysis and recommendations alike will be controversial and generate substantial criticism, and they devote their conclusion to addressing what they see as the likely challenges to what they have written. I expect some readers will, as a result, be persuaded by what is said here; I equally expect that others will remain unpersuaded that what is being suggested in these pages is either desirable or feasible. But whatever the reaction or reactions, Revising U.S. Grand Strategy Toward China deserves to become an important part of the debate about U.S. foreign policy and the pivotal U.S.-China relationship.

 feasible:可能な

Richard N. Haass
President
Council on Foreign Relations March 2015


月曜日。今日はこれまで。昨日は台湾から楊さんご夫婦をはじめ5人の方と会食をした。今日は朝、荒木さんが来て、昼は経済産業省の岩田さんと会食があり、夜はダイセルの研修があるので一日大忙しだ。ではまた明日。

swingby_blog at 11:35コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓