2015年07月27日

中国とのしがらみがなくなったことで、アメリカの会社がメキシコを向いている。(3)

However, for every successful Flambeau, there seems to be a KidCo, another Midwestern manufacturer, which gave up trying to move production from China to Mexico last year.

しかしFlambeauのように全てに成功するばかりではなく、昨年中国からメキシコに製造を移そうとしたが断念した他の中西部の製造業者であるKidCoのような存在もありそうである。

“It’s a lot more convenient to fly to Mexico than to China,” said Ken Kaiser, the company’s owner. “But we just couldn’t find a way to get an advantage by moving. It took forever just to get a price quote.” 

price quote:見積もり

「中国よりもメキシコへ飛んだ方がかなり楽です」と、KidCoの経営者であるKen Kaiserは言う。「しかし、我々は移転による利益を得る方法をまったく見つけられませんでした。見積もりを出すのに大変な時間がかかるようになっただけでした。」

Dozens of interviews with executives, economists and American and Mexican officials over the past year show that what many companies are discovering is that there is not one Mexico, but many. Despite many signs of promise, Mexico is still a country of vast differences in efficiency and education, where only a small minority of the population has the training needed to compete with the world. Especially for the crowded middle of American manufacturing — the family-owned, medium-size businesses like KidCo and Flambeau — Mexico disappoints as often as it satisfies.

去年1年間を通じた、何十人もの企業役員やエコノミスト、アメリカやメキシコの当局者へのインタビュー結果は、多くの企業が発見したことはメキシコは一つではなく、多くのメキシコがある戸言うことを示しています。多くの期待の兆候はあるのだが、メキシコは未だに効率化や教育においてかなりの違いがある国であり、人口のかなり少数の人たちだけが世界と戦うために必要な教育を受けている。数多く存在する中規模のアメリカの製造業者―KidCoやFlambeauのような家族経営の中規模な会社―にとっては特に、メキシコに満足するのと同じくらい落胆もしている。

Ed Juline, a manufacturing consultant in Guadalajara who came to Mexico in 2001 with IBM, has seen many companies both attracted and repelled. Like others who help American businesses in Mexico, he described last year as a tipping point. With studies showing Mexico rapidly reaching the same cost level as China for the production of certain products, dozens of companies came to him — including KidCo — looking for help to find a Mexican factory to contract with or buy.

repel:寄せつけない、はねのける
tipping point:転換点

2001年にIBMと共にメキシコにやって来て、Guadalajaraで製造コンサルタントをしているEd Julineは、魅了された会社、あるいは跳ね除けられた会社の両方を多く見てきた。メキシコでアメリカの会社を手助けしている他のコンサルタントと同様に、彼も昨年が転換点だったと述べている。特定の製品の製造に関して、メキシコのコストが急激に中国と同じ水準に近づいていることを示す調査結果によって、KidCoも含めた多くの会社が、請負か買収するべきメキシコの工場を探す手助けを求めて彼のもとへ訪れている。

Business owners were in a rush. Some had tired of the travel to China or the six- to 10-week wait for orders to arrive from across the Pacific. Others said their Chinese suppliers were raising prices even as quality declined.

in a rush:大忙しで

経営者たちは急を要している。中国に渡航することや、太平洋を越えて到着する注文に6週間から10週間も待たされることに疲れてしまっている経営者もいる。中国のサプライヤーたちが品質は低下しているにも関わらず価格を上げてきていると、他の経営者たちは言っている。

 
Falmbeau’s hunting decoys. Credit Rodrigo Cruz for The New York Times

Falmbeau製の猟の仕掛け

At KidCo’s headquarters outside Chicago, the headaches were mounting. Last year began with a factory in northern China that produced the company’s best-selling products, a series of child-safety gates, demanding a 10 to 12 percent pay increase. Then an entire shipment of wooden gates arrived with a major flaw. “That’s when we realized we really needed to have backup supply,” said Mr. Kaiser, 61, who contacted Mr. Juline. 

pay increase:賃上げ
Flaw:欠陥

シカゴ郊外にあるKidCoの本社で、こうした悩みの種が増してきている。この会社の一番のヒット商品である幼児用安全ゲートを製造している中国北部に工場を作ったが、10〜12%の賃上げ要求を受けている。その後、全ての木製ゲートに大きな欠陥があるまま送られている。「この時が、我々が本気でバックアップ体制を持つ必要があると気付いた瞬間でした。」と、Juline氏に連絡を取った61歳になるKaiser氏は語っている。

Mr. Juline did have some success to point to. One of his clients, Casabella, a broom, brush and mop company from Long Island, had recently completed a deal with a factory near Mexico City to produce about $800,000 worth of brushes.

point to:指摘する

Juline氏は指摘すべきいくつかの成功事例を持った。彼のクライアントの1つでLong Islandにある箒やブラシ、モップを製造する会社のCasabellaは、最近メキシコシティの近くにある工場と80万ドルに相当するブラシを製造する契約を完了させた。

But success turned out to be a rarity. The more Mr. Juline traveled around Mexico seeking partners for American manufacturers, he said, the more he realized that many Mexican business owners were unwilling to take on a surge of new business, either because they could not line up suppliers or credit, or because they feared demands for money from government inspectors or gangs.

rarity:珍奇
line up:確保する
surge:高まり、うねり
inspector:監査官

しかし、成功は珍しいものになってしまっている。Juline氏がアメリカの製造業者のパートナーを探すためにメキシコへ行く回数が増えるほど、彼が言うには、多くのメキシコの経営者たちは新しいビジネスのうねりに乗ることを躊躇していると、彼は理解するようになっている。その理由は、供給元や預金を確保出来ないためか、あるいは政府の監査官やギャングから金を要求されることを恐れているからである。

月曜日。今日はこれまで。昨日はなんと14時間もぶっ通しで仕事をしてしまった。小説も全部見直すことができた。今日は朝、異業種交流会がある。今日も小説に時間が割けそうだ。もう7回目のレビューになる。内容についてはほぼ完成だが、まだまだ手を入れてもいいところがある。ではまた明日。

swingby_blog at 06:37コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓