2015年08月23日

セルビア人とハプスブルグ家 (2)

We live in an age when the very foundations of society are threatened in almost all countries by a secret conspiracy of crime, when arson and murder are employed as political weapons by the miserable and half-witted instruments of organisations which arrogate to themselves high-sounding names, and persuade youthful enthusiasts that the end justifies the means, and that the most cowardly and bloodthirsty murders are heroic exploits, worthy to be sung with the deeds of Harmodius or Brutus. 

conspiracy:謀略/陰謀団 
arson:放火 
half-witted:間抜けな 
arrogate:偽って名乗る 
high-sounding:仰々しい/大げさな 
cowardly:卑劣な 
bloodthirsty:残忍な 
exploit:偉業/功績 
deed:行為 

我々は、犯罪行為を秘密裏に企てる集団によってほぼ全ての国において社会の根幹が脅かされる時代に生きている。また、哀れで間抜けな組織の手段によって放火や殺人が政治的な武器として用いられる時代でもある。こうした組織は、自分自身に仰々しい名前を付けて名乗り、若く熱意のある者に目的が手段を正当化するということ、また、ほとんどの卑劣で残忍な殺人がハルモディアスやブルータスの行為と共に賞賛されるに値する英雄的な偉業だという時代でもある。

Poison, the dagger, the revolver, the bomb, all these are employed with impartial ferocity against those who by birth or election are fated to preside over the destinies of nations. Sometimes no doubt these foul acts represent a frenzied protest against a statecraft which subjects whole nations to the tyrannical rule of soldiers and police. 

dagger:短剣 
revolver:連発拳銃 
impartial:公平な/偏りのない 
ferocity:凶暴性 
preside:統括する 
frenzied:熱狂的な/激昂した
statecraft :政治の世界

毒、短刀、連発拳銃、爆弾、これら全てが、生まれながらにあるいは選挙によって国の命運を握ることを宿命付けられた人々に対して、おしなべて残忍さと共に用いられている。時に、こうした卑劣な行為が国全体を兵士や警察の専制的なルールの支配化に置くような政治の世界に対する激昂した抗議を現していることは間違いのないことだ。

But foul play is always foul, and there is no sign of discriminating justice in this form of criminal disease. Lincoln in 1865, Garfield and Czar Alexander III in 1881, President Carnot in 1894, King Humbert of Italy in 1900, President McKinley in 1901, King Carlos of Portugal in 1908, King George of Greece at Salonica in March 1913, and now the heir to the throne of the Habsburgs are but a small selection from a long list of atrocities in which only a morbid mind can trace the vindications of liberty. 


foul play :犯罪行為 
frenzied:逆上した 
statecraft:国政術 
tyrannical:専制的な 
discriminating:分別のある/際立った 
disease:退廃/不健全な傾向 
heir:後継者 
atrocity:残虐行為 
morbid:病的な 
vindication:裏づけ/証明 
liberty:勝手な振る舞い 

しかし、犯罪行為は常に卑劣である。そして、こうした犯罪が蔓延る状況では分別ある正義がなされる兆しはない。1865年のリンカーン、1881年のガーフィールドとアレクサンドル3世、1894年のカルノー大統領、1900年のイタリア・ウンベルト王、1901年のマッキンリー大統領、1908年のポルトガル・カルルシュ王、1913年3月サロニカでのギリシア・ゲオルギオス王、そして今回のハプスブルグ家の皇太子は、病的な精神でしかその勝手なふるまいの証拠を追うことの出来ないような多くの残虐行為のごく一部に過ぎない。 

It was on Sunday at Sarajevo after a visit to the Bosnian manoeuvres that the Archduke Francis Ferdinand, heir to the Austro-Hungarian crown, and his wife, the Duchess of Hohenberg, were shot dead by an assassin. Well might the venerable Emperor Francis Joseph say, "I am spared nothing." This crime comes as a climax to the long series of terrible incidents which make up the tragic history of his house. The story is plain enough. Despite warnings of dangers the Archduke determined to attend the Bosnian military manoeuvres, and arrived in Sarajevo with his wife on Wednesday of last week. He spent two days in the mountains inspecting the troops; the Duchess meantime was feted in the capital. On Sunday morning the Archducal pair drove through the crowded streets of Sarajevo to receive an address at the Town Hall. Before they reached it a bomb was thrown at their automobile. 

manoeuvre:軍事演習 
duchess:公爵夫人 
venerable:尊い/崇敬する 
tragic:悲劇的な/悲惨な 
fete:祝宴で敬意を表する 
address:正式な挨拶 

オーストリア・ハンガリーの君主の後継者であるフランツ・フェルディナント大公とホーエンベルク公爵夫人が暗殺者の銃弾に倒れたのは、ボスニアの軍事演習視察後、日曜日のサラエボであった。フランツ・ヨーゼフ皇帝が“私は救いようのない状態にある”といったのも当然である。この犯罪行為は、彼の一族の悲惨な歴史を作る長きに渡る数々の恐ろしい事件の中でも極めつけだ。話はシンプルだ。危険であるとの警告にもかかわらず、大公はボスニア軍の軍事演習に参加することを決め、先週水曜日に妻と共にサラエボに到着した。彼は山中で2日間かけて軍を視察した。その間、公爵夫人は首都でもてなしを受けていた。日曜日の朝、大公夫妻は公会堂で挨拶を受けるため、サラエボの人で埋め尽くされた道を車で通り抜けた。夫妻が公会堂に到着する前、爆弾が彼らの車めがけて投げられた。

The Archduke warded it off with his arm; it rebounded on the road and exploded violently, injuring the four members of his suite in the second car, one of them severely, as well as some 20 persons in the crowd. The man who threw the bomb, a Servian printer named Cabrinovitch, was seized by the police, who with some difficulty saved him from the fury of the crowd. Half an hour was spent in the Town Hall, and the Royal party then drove away in the direction of the hospital to inquire after the injured aide-de-camp. On their way, at the junction of the Franz Joseph and Rudolf streets, a series of pistol shots were fired from behind a house. Two of them instantly took fatal effect; the Archduke was mortally wounded in the cheek, and the Archduchess, who had endeavoured to shield him, was shot in the body and sank unconscious in his arms. By the time the car reached the hospital both were dead. 

ward:よける 
suit:一行 
fury:激怒 
inquire after:を見舞う 
aide-de-camp:副官 
mortally:致命的に 
endeavour:努める 

大公はそれを手でよけた。爆弾は道路に跳ね返って激しく爆発し、群衆の中の20人と共に彼の一行の2台目の車に乗っていた4人が負傷し、1人は重症であった。爆弾を投げたチャブリノヴィッチという名のセルビア人印刷工の男は警察に取り押さえられたが、その際、警察は群集の怒りから彼を保護するのに苦労した。公会堂で30分を過ごし、王室一行は負傷した副官を見舞うため病院に向け車で公会堂を後にした。その途中、フランツ・ヨーゼフ通りとルドルフ通りのジャンクションで家の裏からピストル弾が発射された。一行のうち2人が直ちに致命傷を負った。大公は頬に致命的な傷を負い、彼をかばおうとした公爵夫人は体を撃たれ、彼の腕の中で意識を失った。車が病院に到着するまでに2人は亡くなった。 

日曜日。今日はこれまで。昨日は海野塾で、午後にはディベートがあった。久しぶりに行ったが、疲れた。今日は英語の勉強があるだけだ。夏の疲れが出てきたようだ。ではまた明日。

swingby_blog at 08:37コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓