2015年08月24日

セルビア人とハプスブルグ家 (3)

The assassin, a Servian student or 19 years of age, Gavro Prinzip by name, denied having any accomplices, but a few yards from the scene of his crime a second unexploded bomb was found; and evidence is accumulating that a plot, deep laid, with many accomplices, had been formed to murder the Archduke. On being interrogated, Prinzip declared that as a Servian Nationalist he had long intended to kill some eminent person, while Cabrinovitch, a compositor, 21 years of age, said he had received the bomb from anarchists in Belgrade. Thus the cause of Nationalism in the Balkans has added another to the long list of horrid atrocities which have marked the struggle for Macedonia. 

plot:たくらみ/策略 
deep laid:周到な/ひそかにたくらんだ 
interrogate:尋問する 
eminent:高位の 
compositor:植字工 
horrid:忌まわしい 
cause:動機 

その暗殺者である19歳のセルビア人学生のガヴリロ・プリンツィプは共犯者がいたことを否定したが、殺害の現場から数ヤードのところで2つ目の不発弾が発見された。また、多くの共犯者との周到な策略が大公を殺害するために練られていたという証拠が積み上がっている。尋問される中、21歳の植字工であるチャブリノヴィッチがベオグラードでアナーキストから爆弾を受け取ったと話したのに対し、プリンツィプはセルビア人ナショナリストとしてずっと高位な人物を殺害しようとしていたことを明らかにした。このようにして、バルカン半島諸国のナショナリズムの動機は、マケドニア王国を取り戻そうとする苦闘を記録する一連の忌まわしい残忍な行為にもう1つの事例を加えた。 

At first sight the political motive is hard to fathom, for the Archduke's sympathies with the Slavs, especially with the Catholic Croats, were so notorious that his accession to the throne was thought to herald a conflict with the Magyars; and such a conflict might easily have broken up the Dual Monarchy, whose present basis is found in a pact between Germans and Magyars supported by the Poles, and constantly threatened by agitation and discontent among the Czechs in the North, the Ruthenians, the Roumanians, the Southern Slavs, and the Italian Irredentists. 

at first sight:直ちに 
fathom:測深する/突き止める 
Croat:クロアチア人
Magyar:ハンガリー人
notorious:不評判の/悪評の高い 
accession:継承 
herald:〜の到来を告げる 
agitation:扇動 
discontent:不満 
irredentist:領土回復主義者 

直ちにその政治的動機を突き止めることは難しい。なぜなら、大公のスラブ人への同情、特にカトリック教会のクロアチア人への同情は評判が悪く、皇位継承はマジャール人との対立を招くことになると考えられていた。そのような対立は、現在の基盤がドイツ人とポーランド人に支援されたマジャール人との協定にあり、常に北部のチェコ人、ルテニア人、ルーマニア人、南スラブ人、イタリアの領土回復主義者の間での扇動や不満に脅かされている2重帝国を容易に崩壊させていたかもしれない。

But the idea which the Archduke Francis Ferdinand is supposed to have represented, drawn no doubt partly from the Jesuits and partly from military quarters, was the erection of a Catholic South Slav kingdom, taken mainly from Hungary, and including Croatia, Dalmatia, and Bosnia, which would have converted the dual into a "trial " monarchy. To such a solution the Servians, belonging by religion to the Greek Church, and using the Greek alphabet, are bitterly opposed. Their co-religionists are numerous in Southern Hungary, and form above one-third of the population of Bosnia. 

quarter:方面/筋 
erection:設立すること 

しかし、一部がイエズス会、軍部筋の意向によって描かれたのは間違いないフランツ・フェルディナント大公が示していたとされる考えは、主にはハンガリーから、またクロアチア、ダルマチア、ボスニアを含むカトリック教会の南スラブ王国の建国であり、それによって2重帝国を “3重”帝国に移行するというものであった。このような策に対し、宗教上ギリシア正教会に属しギリシア文字を使用するセルビア人は激しく反対している。その同宗信徒は南ハンガリーに多くおり、ボスニアの人口の3分の1を超えている。

They speak the same language as the Bosnian Mussulman and Catholic Croat, and their aim is a greater Servia, which will stretch from the Adriatic littoral to the Mediterranean coast. All those fair lands of the Austrian Crown where various dialects of this language are spoken are destined, in their eyes, to form one kingdom, an orthodox Servia, ruled from Belgrade. It is this notion, no doubt, revolving in the mad brain of a criminal, which explains the tragedy of Sarajevo. 

littoral:沿岸帯 
Mediterranean:地中海 
fair:かなりの 
dialect:方言 
dialect:運命づけられた 
orthodox:ギリシア正教の 
revolve:展開する/旋回する 

彼らはボスニアのイスラム教徒やカトリックのクロアチア人と同じ言葉を話す。彼らの狙いはアドリア海沿岸から地中海沿岸まで広がる汎セルビアである。この言語の様々な方言が話されているオーストリア帝国のこれら全ての広大な土地は、彼らから見れば、1つの王国つまりベオグラードから統括されるギリシア正教会のセルビアにまとまることを運命づけられている。これが犯罪者の気の狂った頭を駆け巡っていた考えであることは間違いなく、サラエボの悲劇を説明している。 

月曜日。今日はこれまで。昨日は英語があった。相変わらず、この午後の時間はきつい。工夫が必要だ。今日は異業種交流会があるので早い。その後は荒木さんと打ち合わせをして、昼は英語の先生の後藤さんとの会食だ。ではまた明日。

swingby_blog at 06:10コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓