2015年09月28日

昨今のタンカーハイジャックが南シナ海の問題に加わっている

これはニューヨークタイムズだ。

Recent Tanker Hijackings Add to Problems in the South China Sea
By KEITH BRADSHER JULY 8, 2014 

昨今のタンカーハイジャックが南シナ海の問題に加わっている 

 
Malaysian marine police officers inspecting a Singapore-owned tanker hit by pirates in April. Credit Lai Seng Sin/Associated Press 

4月に襲われたシンガポール所有のタンカーを調査しているマレーシアの海上警察官


KUALA LUMPUR, Malaysia — Add another problem to the rising tensions in the South China Sea this year: a mysterious spate of tanker hijackings since late April, as armed bands of men have boarded and commandeered the ships, siphoned their cargos of diesel and gasoline onto barges or other tankers, and fled into the night. 

mysterious:不思議な/不可解な
spate:多発
bands:一団
board:乗り込む
commandeer:奪い取る
siphon:吸い上げる/移す
cargos:積荷
barge:艀/バージ船
fled(fleeの過去形):逃亡する

クアラルンプール、マレーシア−今年南シナ海で高まっている緊張状態に他の問題が加わる:4月終わりから武装した男たちの集団が船に乗り込んで占拠し、ディーゼル燃料やガソリンの積荷を艀あるいは他のタンカーに移し、そして闇夜に逃亡していくというような不可解なタンカーハイジャックが多発している。

Complicating matters is the fact that two of the hijackings took place near the heart of Malaysia’s offshore oil and gas production, in waters where China is making an increasingly forceful claim to sovereignty. 

forceful:力強く
sovereignty:統治権

問題を複雑にしているのは、二つのハイジャックがマレーシア沖の原油やガス産出場所の中心近辺であり、中国が徐々に統治権に対する主張を強めている海域で発生したという事実である。

Interpol, intelligence agencies and military forces in the region are investigating the eight attacks — the most recent of which was last Friday — and are trying to figure out how to stop further ones, said Noel Choong, the head of the Asia office here of the International Maritime Bureau’s Piracy Reporting Center. 

International Maritime Bureau:国際海事局(IMB)
piracy:海賊行為

この地域内のインターポール、諜報機関、軍隊が、一番最近のものは先週の金曜日に発生したこの8つの襲撃の調査を行っているところであり、この先の襲撃を防ぐ方法を見つけ出そうとしていると、国際海事局(IMB)の海賊行為報告センターのここアジアオフィスの所長を務めるNoel Choongは言う。

One goal of the investigation is to determine whether the diesel fuel and gasoline are being sold for profit by criminals or are being used to finance political activities, possibly even terrorism. 

この調査の1つの目的は、ディーゼル燃料やガソリンが犯罪者たちによって利益目的で販売されているのかどうか、あるいは恐らくテロのような政治的な活動を資金繰りのために利用されているのかどうかを見定めるためである。

TARGETING TANKERS
Armed men have boarded at least eight tankers in or near the South China Sea, and taken cargoes of gasoline or diesel from six of them while leaving the less salable cargoes that they found aboard the other two ships. 

salable:売買できる
aboard:船内に

標的にされるタンカー
武装した男たちは少なくとも南シナ海内あるいは周辺で8隻のタンカーに乗り込み、それらの6隻のタンカーからガソリンやディーゼル燃料の積荷を奪っている。一方で彼らが2隻の船内で見つけた売ることが出来ない積荷は残されていた。

In one incident in late May, “they were wearing ninja-type clothes, black, so they looked professional,” Mr. Choong said. 

5月後半の1つの事件で、“彼らは忍者のような黒い服を身にまとい、そのため彼らはプロのように見えた”とChoong氏は言う。

In contrast to the military assault rifles sometimes carried by pirates off Somalia and Nigeria, the pirates in the South China Sea have tended to be armed with handguns or even machetes. No one is known to have been killed in any of the hijackings, but three tanker crew members were abducted in one of the episodes and have not been seen since. 

assault rifle:突撃銃
machete:鉈
abduct:誘拐する

ソマリアやナイジェリア沖の海賊が時々軍隊用のマシンガンを所有しているのとは対照的に、どちらかといえば南シナ海の海賊は拳銃とかあるいは大型のなたであるマチュートで武装されていた。いずかれのハイジャックで殺されてはいないが、事件の一つで3人のタンカーの乗組員が誘拐されそれ以来行方不明である。

The hijackings raise geopolitical issues. Seven have taken place close to Malaysia and one close to the Anambas Islands of Indonesia. But two of the hijackings close to Malaysia occurred in waters near James Shoal, a disputed, submerged reef near the north coast of Malaysian Borneo. 

Anambas:アナンバス諸島
submerge:水中に沈める

ハイジャックは地政学的な問題を持ち上げている。7つの事件はマレーシア近くで起こり、1つはインドネシアのアナンバス諸島近くで起こっている。しかしマレーシア近くでの2つのハイジャックはマレーシアのボルネオ北岸近くの暗礁で、論争中のジェームズ礁近くで起こった。

Malaysia has had commercial activities there for many years, and it is a center of the country’s extensive offshore oil and gas industry. Oil and gas revenues cover nearly half of the Malaysian government’s budget. 

マレーシアは長年そこで商業活動を行ってきており、そしてそこはこの国の広範囲な沖合の石油産業やガス産業の中心地である。石油やガスの収益はマレーシア政府予算の半分近くを賄っている。

But China has been increasingly assertive over the past several years in claiming that James Shoal lies inside its so-called nine-dash line, a huge expanse of the South China Sea that Beijing has been claiming with increasing boldness, particularly this year. A small flotilla of Chinese naval vessels went to James Shoal in January, and Chinese officers held an oath-swearing ceremony there to pledge that they would defend China’s sovereignty. 

assertive:独断的な
boldness:厚かましさ/放胆さ
flotilla:小型船隊
oath:誓言

しかし中国はここ数年間、特に今年になって、政府がますます大胆に主張してきている南シナ海の広大な地域、いわゆる九段線の内側にジェームズ礁があるという主張に対してますます積極的になってきている。中国の海軍船の小規模な小型船隊が1月にジェームズ礁に行き、中国の将官たちはそこで中国の統治権を守ることを誓う宣誓式を行った。

月曜日。今日はこれまで。昨日は高校の仲間と会食をした。午後は英語の勉強だったが、相変わらずしんどかった。来週からはやり方を変えよう。今朝はこれから異業種交流会があり、昼はカナまきさんとの会食、夜はダイセルの研修と懇親会がある。資料の準備もあるので忙しい。ではまた明日。

swingby_blog at 06:36コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓