2016年03月26日

レイプを報告したが、彼女はレイプされていないことを望んでいる ある大学がどのように性的暴行の申し立てを取り扱ったか (14)

The third player, who faced the weakest case, acknowledged being in the fraternity room but said he left before the sexual encounter. 

学生会館の部屋にいたことを認め、最も軽度なケースの3番目の選手は性的な行為の前にその場を去ったと言った。 

Anna’s friend who recounted the pool-table scene chose not to testify, but, according to Anna, stands by his account. 

recount: 〜について詳しく話す 
testify: 証言する 

ビリヤード台での光景を詳しく話したアンナの友人は証言しないことを選択したが、アンナによれば説明の用意をしている。 

Records show that the first two players had lied to campus officers when initially asked about Anna’s allegations. The panel, though, chose not to ask about it. 

記録によれば最初の2人の選手はアンナの申し立てについて最初に質問を受けた際、大学職員に嘘をついていた。しかし、委員会はそのことについて質問をしないことを選択した。 

The day after the episode, the senior football player told two campus officers that he could not recall Anna’s name, even though he had spent much of the evening with her. The player denied having sexual contact with her during or after the fraternity party. 

その出来事の翌日、上級のフットボール選手は2人の大学職員に対し、その晩のほとんどをアンナと過ごしていたにもかかわらず彼女の名前を思い出せないと伝えている。その選手は学会会館でのパーティの最中あるいは後に彼女と性的な接触をもったことを否定した。 

How the Suspects’ Stories Changed 
Two football players accused of sexual assault lied to the police and then changed basic parts of their accounts after witnesses contradicted them. The college panel that cleared both players failed to ask them any questions about why they had lied. 

contradict: 〜を否定(否認)する 

被疑者の証言は如何にして変わったのか 
性的暴行で訴えられた2人のフットボール選手は警察に嘘をつき、目撃者が彼らの証言を否認すると証言の根本的な部分を変えた。2人の選手を放免した大学の委員会は何故嘘をついたのか質問をし損ねた。 

First contacted by police 
警察による最初の尋問 

player1
Did not have sex 
He told the police that he spent a few hours with the accuser but did not have sexual contact with her and didn’t know her name. 

選手1 
セックスはしていない 
彼は警察に対し、原告とは数時間一緒にいたが、性的接触は持っていないし名前も知らないと述べた。 

player2 
Was not there 

He told a college official that he was “not involved in whatever happened” with Player 1. 

選手2 
そこにいなかった。 
彼は大学職員に対し、選手1に関して“起きたどんなことにも関わっていない”と述べた。 

Official police interview 
警察の公式インタビュー 

player1 
Had sexual contact 
He now said he received consensual oral sex from the accuser but was too tired from football to get an erection. Player 2 was not involved, he said. 

consensual: 同意に基づく 

選手1 
性的な接触を持った 
彼は現在、同意に基づいて 原告とのオーラルセックスを受けたが、あまりに疲れていたので、立たなかった。選手2は関わっていなかったと彼は述べた。

player2 
Was not there 

He told the police in two separate interviews that he was never in the room where the alleged assault took place. 

選手2 
そこにはいなかった。 
彼は2つの別々の聞き取りで警察に対し、申し立てされた暴行が起こった部屋にはいなかったと述べた。 

A few days later 
数日後 
 
player1 
Both players were involved 
He said that he was “ready to come clean with the truth” and that Player 2 was in the room and received oral sex. He said he had lied to protect himself against “false allegations.” 

come clean: 白状する 

選手1 
両方の選手が関わった。 
彼は、“真実を自白するつもりだ”と述べ、選手2は部屋にいてオーラルセックスを受けたと言った。彼は“嘘の申し立て”に対し自分を守るために嘘を付いたと言った。 

player2 
Had sex for “a few seconds” 
He now told police that he was in the room where the accuser said she was assaulted. He said she gave him oral sex for “a couple of seconds” before he got uncomfortable and left. 

選手2 
“数秒間”、セックスをした。 
彼は現在警察に対し、原告が暴行を受けたとする部屋にいたと述べている。彼は、それを不快と感じ立ち去る前の“数秒間”、彼女がオーラルセックスをしたと述べた。 

Only after the officers confronted him with reports to the contrary did he acknowledge having “sexual contact” — but not sex — at the Barn, and engaging in oral sex with Anna at the fraternity house. 
The second player, during three separate interviews with campus officers, denied even being in the fraternity room. It wasn’t until his fourth interview two days after the sexual encounter that he confessed to being in the room with his teammate and having oral sex with Anna. 

confront: 〜に・・・を突きつける 
confess: 認める/白状する
 It is not until ~ that: 〜の時点までに〔that以下〕が発生することはない、〜して初めて〔that以下〕する
 
大学職員が証言とは反対の報告書を彼に突きつけてようやく、彼がBarnで“性的接触”(しかし、セックスではない)を持ったこと、学生会館でアンナとオーラルセックスをしたことを認めたのだ。 2番目の選手は、大学職員からの3つの別々の聞き取りでは学生会館にいたことさえ否定していた。彼は、性的行為の2日後の4回目になってようやく、チームメイトと部屋にいてアンナとオーラルセックスをもったことを白状した。 

土曜日。今日はこれまで。大学での尋問には嘘をついていたサッカー選手だったが、警察の関与で彼らは白状しだした。彼らの行為に対して、目撃者がいたからだった。ここまで読んでくると、その原因は彼女にあったようだ。あまりに、そうしたことに無知すぎて、無茶なことをしたようだ。中国の古典の「大学」では自らの判断基準を磨けと言っているが、彼女にはその判断基準がまったくなかったようだ。

昨日はいつもの仲間と会食したが、あとはいちにち本を読んでいた。安岡正篤先生、吉田松陰の2冊。今日はこれから海野塾だ。1週間は早い。ではまた明日。


swingby_blog at 08:19コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓