2016年03月27日

レイプを報告したが、彼女はレイプされていないことを望んでいる ある大学がどのように性的暴行の申し立てを取り扱ったか (15)

That same day, the football coach, Mike Cragg, summoned the three accused players, two team captains and the pool table witness for a private locker-room meeting where he heard their recollections, then passed on details of Anna’s account, hearing transcripts show.  

summon: 招集する 
recollection: 回想 
pass on: 回覧する 

公聴会の記録によれば、その同日、フットボールコーチのMike Craggは3人の訴えられた選手、2人のチームキャプテン、ビリヤード台の目撃者を個人的な秘密の会合に招集し、そこで彼らの回想を聞き、アンナの証言の詳細を回覧した。 

Two days after that meeting, the senior player changed his account a second time, telling the campus police that he “wanted us to know that he was ready to come clean about the truth,” records show. A second player had in fact been with him at the fraternity house, the player said, and Anna had given both oral sex. He said he had lied to protect himself and his teammate from Anna’s false allegations.  

その会合の2日後、上級のフットボール選手は2度目の証言変更をし、記録によれば、大学警察に対し、“真実を自白するということを知ってもらいたかった”と述べた。2番目の選手は実際は彼と共に学生会館にいて、アンナは両方にオーラルセックスをした、とその選手は述べた。彼は、自分自身とチームメイトをアンナの嘘の申し立てから守ろうとして嘘を付いたと言った。 

Mr. Cragg declined to answer questions from The Times. But in a written statement he said, “If I were to learn that a member of my team had behaved in a manner that violated our code of ethics or community standards, I would want him removed from the team immediately.” He added: “I have never and would never encourage any player or players to coordinate stories to avoid disciplinary actions.”  

behave:行動する
coordinate story:口裏を合わせる 
disciplinary action: 懲戒処分 

Cragg氏はニューヨークタイムズ誌からの質問に答えることを拒んだ。しかし、供述書の中で彼は“もし私のチームのメンバーが我々の倫理規範やコミュニティスタンダードに反する振る舞いをしたのであれば、彼には即、チームを離れて欲しい。私は懲戒処分を避けるために口裏を合わせるように選手に働きかけをするようなことは決してしていないし、これからもしない。”と言っている。 

While the panel did not ask the players about their changed accounts, it did let the senior give an opening statement. 

委員が彼らの変化した証言について質問をしなかったのに加え、そうしたことで上級のフットボール選手に次のような冒頭陳述までさせた。 

“I come from a wonderful family with strong Christian values,” he said. “I have been blessed with a beautiful mother, grandmothers, nieces and amazing aunts.” And he added: “I treat women with the respect and honor they deserve.” 

blessed with: 〜の恩恵を受けている 

“私の家族は敬虔なキリスト教徒です。私は素晴らしい母親、祖母、めい、叔母の恩恵を受けてきました。私は女性をそれにふさわしい尊敬と敬意の念をもって接しています。”と言った。 


The Panel Decides  
The panel had to answer several basic questions: Did Anna give consent, was she capable of giving consent, and did the senior player violate the no-contact order either directly or through his friends? The standard of proof, mandated under federal guidelines, was preponderance of evidence — was it more likely than not that the students had sexually assaulted Anna? 

standard of proof: 立証基準 
preponderance:優位・圧倒的多数 

委員会の決定 
委員は基本的な幾つかの質問で応えざるを得なかった。アンナは同意しましたか、彼女は同意できるような状態でしたか、上級のフットボール選手は直接あるいは友人を通じて接触禁止命令を違反しましたか?国のガイドラインの下で命じられている立証基準は証拠の優位性であった。つまり、学生達がアンナを性的に暴行したという可能性が、そうでない可能性よりも高いかどうか。 

Several hours after the last witness, the panel announced its decision clearing all three athletes on all counts.  

最後の証言の数時間後、委員は全てにおいて3人全員を無罪とする決定を発表した。 

The next day, the panel chairwoman sent Anna written confirmation of the decision, informing her that if she wished to appeal, she could find directions on Page 13 of the sexual-misconduct policy.  

appeal: 上訴する 

翌日、委員長の女性はアンナにその決定の確認書を送り、もし上告を希望するなら淫行指針の13ページにある説明を参照するように伝えた。 



 
It took the college just 12 days to investigate the rape report, hold a hearing and clear the football players. Anna said of the school's hearing, “It was one of the hardest things I have ever gone through.” Credit Leslye Davis/The New York Times 

大学がレイプレポートを調査し、公聴会を開き、フットボール選手を無罪にするのにわずか12日であった。アンナは大学の公聴会について、“これまで経験したことの中で最も辛いことの1つだ”と述べた。 

日曜日。今日はこれまで。サッカー選手を無罪にしたのは証言をした人たちがアンナにセックスをしたい要望があったことを証拠として取り上げたからだろう。彼女はそうではないと言っているが、酒のせいで、本人は覚えていないのだろう。先日も「大学」の例を挙げたが、彼女は「君子危うきに近寄らず」と言う規範を犯したのは事実のようだ。

昨日は海野塾があった。初めてのことだが、午前中のセッションであるUNが1日かかってしまった。UNは問題が多すぎる。今日は朝から研修資料のレビューがある。午後は妻子がアメリカに行く。これから1週間は一人の生活になる。ではまた明日。 



swingby_blog at 07:08コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓