2016年03月30日

小国の経済 小国にとっての大きな問題

これはエコノミストだ。 

The economics of small states 
Big problems for little countries 
Sep 10th 2014, 18:38 by C.W. | LONDON 

小国の経済 
小国にとっての大きな問題 

IN THE past five years growth in the rich world has been measly. From 1990 to 2007 high-income countries managed an inflation-adjusted per-capita GDP growth of about 2.3% per year. From 2008 to 2013, though, the total growth was only 2%. 

measly: わずかばかりの 

過去5年間、富裕国側の成長はちっぽけなものだ。1990年から2007年まで高所得国は1年あたり約2.3%の1人当たり実質GDP成長を遂げた。しかし、2008年から2013年では全体の成長でわずか2%であった。 

But spare a thought for people living in small states (see chart). These are countries with fewer than 1.5m people. About 29m people live in the 48 small states, according to the World Bank's classification. In the last five years GDP per capita in the small states has shrunk by 2.3%. Some little countries have done well: the Marshall Islands has seen per-capita growth of 8%. Others have done appallingly: St Kitts and Nevis saw a 12% fall. Antigua and Barbuda suffered a 21% drop. 

spare a thought for: 〜について考える 
appallingly: 恐ろしいほど to a horrifying or shocking degree

しかし、小さな国に住む人達について考えて欲しい(チャート参照)。150万人以下の国々である。世界銀行の分類によれば、約2,900万人の人々が48の小さな国に住んでいる。過去5年間で小国の1人当たりのGDPは2.3%縮小している。幾つかは上手くいっており、マーシャル諸島は8%の1人当たりGDP成長を遂げている。他は恐ろしいほどであり、セントキッツ島やネビス島は12%の下落している。アンチグアバーブーダは21%の下落に陥った。 


 
Real GDP/capita growth 2008-13, selected countries/regions 


A research paper from the IMF looks at why many small states have done badly in recent years. Small states have long faced problems that any economics undergraduate would understand. Two stand out. First, they struggle to find economies of scale. Imagine trying to provide public services in the Federated States of Micronesia—where over 600 islands are spread across 1m square miles of ocean. The lack of scale economies may result in expensive, sub-standard public services. 

undergraduate: 学部生 
sub-standard:標準以下の・低水準の

IMFの調査報告は、なぜ多くの小国が近年不調なのかを考察している。小国は長年にわたり、どんな経済学部の学生でも分かる問題に直面している。2つのことがはっきりしている。1つ目は、規模の経済性を得るのに苦労しているということだ。600以上の島が100万平方マイルの海に散在するミクロネシア連邦で公共サービスを提供しようとすることを想像して欲しい。規模の経済性がないということは高価で低水準の公共サービスをもたらす。 

Second, trade is more difficult for small, isolated countries. Kiribati, an island nation of 100,000 people, is slap-bang in the middle of the Pacific Ocean (and a five-hour flight from Hawaii). The fixed costs of trading with Kiribati are high but the market is small. That raises the average cost of trading; people are inclined to look elsewhere. 

slap-bang: ドタバタと 

2つ目は、貿易は小さく、地理的に孤立した国々にとってより難しい。人口10万人の島国であるキリバスは太平洋でもがいている(ハワイから飛行機で5時間)。キリバスでの貿易の固定費は高いが、市場は小さい。それにより貿易の平均コストは高くなり、人々は他に目を向ける傾向にある。 


These two problems have unfortunate consequences. First, big fixed costs in the public sector mean that small states have higher spending-to-GDP ratios than big countries. From 2007 to 2011, according to the IMF, government expenditure-to-GDP was nine percentage points higher in small states than in their larger cousins. That puts upward pressure on government debt, which may lead to lower growth. Second, in an attempt to break into global markets, small states often focus their energies on exporting a single good or service. Without export diversification, such states are vulnerable to economic shocks. The tiny island of Nauru is a notorious case of the dangers of focusing on a single commodity. 

notorious: よく知られた 

これら2つの問題は残念な結果をもたらす。まずは、公共セクターでの大きな固定費は、小国の対GDP支出率が大きな国よりも高いことを意味する。IMFによれば、2007年から2011年までで、GDPに対する政府支出は小国の方が大国より9%高かった。このことは政府債務を押し上げ、低成長を招くことになる。2つ目は、グローバルマーケットに入るために、小国は大体の場合、単一財・サービスの輸出に力を注ぐ。輸出品の多様性がなければ、そうした国々は経済ショックに脆弱である。小さな島国であるナウルは単一一次産品にフォーカスすることの危険性を示すよく知られた事例だ。 

However, these geographical disadvantages have not always seemed so bad. According to the IMF, from 1980 to 2010 small states grew only slightly more slowly (0.7% a year) than their larger peers (and IMF economists argue about whether that tiny difference is statistically significant). But after 2000 things got worse. The World Bank reckons that there were two main problems. The first, it says, was finance. The bank claims that during the 2000s small states became increasingly exposed to global financial markets, and so suffered badly during the downturn. (Indeed, small states like Barbados and the Maldives have a reputation for shady tax deals.) 

shady:いかがわしい・不正の疑いのある

しかし、こうした地理的なディスアドバンテージは常にひどい訳ではない。IMFによれば、1980年から2010年で小さな国々の成長は大きな国々よりもわずかに緩やかなだけ(一年で0.7%)であっだ(IMFのエコノミストはそのわずかな差が統計的に意味があるのかどうか議論している)。しかし、2000年以降事態は悪化した。世界銀行は2つの主要な問題があると考えている。1つ目は、ファイナンスであったと世界銀行は言っている。世界銀行は、2000年代に小さな国々は一層グローバルファイナンス市場に晒されることになり、そのため下降期にはひどく苦しんだのだと主張している。(実際に、バルバドスやモルジブは不明朗な租税の取り決めをしていることで有名だ。) 

水曜日。今日はこれまで。約2,900万人の人々が48の小さな国に住んでいるということは知らなかった。小国の経済は大国よりも成長率が低く、経済を維持するのが大変のようだ。公共サービスのGDPに占める割合が高いし、輸出品も制約される。そのため財政面でも大変だ。しかしながら、それは大国と比較するからで、小国単体で絶対的な国家としての幸福をどう判断するかだ。何を豊かだという基準を設けるかだ。

昨日は塾生の高橋が彼の会社の篠崎さんを紹介してくれた。ぜひ、塾に来て欲しいし、また塾を宣伝して欲しい。午後は銀行に行って、夜は原先生の講演会に行った。東電の石崎副社長に会えたのは良かった。立派な方だ。南さんも勝俣さんの立派な方だが、彼はすごい人だ。今日の昼はメノー10の宮澤社長と会食がある。今日は論語が読める。論語はすぐ読めるが、孫子と一緒で、考えないといけないので、先にすすめない。本書きはしばらくお預けだな。ではまた明日。


swingby_blog at 07:35コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓