2016年03月31日

小国の経済 小国にとっての大きな問題(2) やる気のない指導者

In fact data from UNCTAD suggest that small states became less dependent on finance during the 2000s. As a percentage of total world financial-services exports, small states contributed 0.1% in 2001, but 0.04% in 2008, when the crisis deepened. So increased exposure to financial markets may not be the explanation. Small states have probably benefited from global finance in recent years: from 2007 to 2013 remittances to small states rose by 18%. 

remittance: 送金額 

実際、UNCTAD(国連貿易開発会議)のデータは、2000年代、小国がファイナンスの面で独立性を失っていることを示している。全世界の金融サービスの輸出における割合として見ると、小国は2001年には0.1%、しかし金融危機が深刻化した2008年には0.04%である。そのため、金融市場への一層の為替変動リスクにさらされる資産の割合はその説明にはなっていない。小国はおそらく近年、グローバル金融から利益を享受しており、2007年から2013年で小国への送金額は18%上昇している。 

The World Bank’s second explanation, though, seems more plausible. In the 2000s, tourism to many smaller states boomed. Tourism receipts rose by 50%, in real terms, from 1995 to 2008. But from 2008 and 2009 the world tourism market contracted by 10%. For small states, where tourism forms about 25% of export earnings, the contraction was tough. 

plausible: もっともらしい 
contract: 縮小する 

しかし、世界銀行の2つ目の説明はよりもっともらしい。2000年代に多くの小国への観光旅行は活況を呈した。観光産業の収益は、1995年から2008年で実質、50%上昇した。しかし、2008年、2009年から世界の観光市場は10%縮小した。観光産業が輸出収入の25%を占める小国にとって、その縮小は厳しいものであった。 

The IMF offers other possible explanations for weak economic performance, including high emigration. Another reason is trade rules. For some small economies with high export dependence and export-product concentration in bananas or sugar, recent EU reforms were damaging. Take sugar. In 2005 the EU introduced a 36% price reduction for raw sugar, phased over four years. One paper, which looks at six sugar-exporting Caribbean countries, linked this to substantial declines in overall exports and a weaker fiscal balance. Banana markets have been hit by similar problems. 

emigration: 海外移住 

IMFは高い海外移住率を含め、低迷する景気に対して別の説明を示している。もう1つの理由は貿易ルールだ。輸出依存率が高く、バナナや砂糖に輸出品が集中する幾つかの小国にとって、近年のEUの改革はダメージが大きかった。砂糖を例に挙げよう。2005年に、EUは4年をかけ段階的に生砂糖に36%の物価引下げを導入した。ある論説が、カリブ海の6つの砂糖輸出国に目を向け、このことを輸出全体の大幅な下落や不調な財政バランスと結び付けた。バナナ市場も同様の問題に打撃を受けている。 

A recent IMF podcast discussed what small states should do to avoid such problems in the future. Mauritius, which in the 1970s was almost wholly dependent on sugar, was lauded for rapidly diversifying its economy. According to the OECD, manufacturing boomed as Mauritius invested heavily in export-processing zones. Research from the WTO found a strong relationship in Mauritius between export diversification and economic growth. That’s a worthy aim, but for countries where the economic crisis has damaged growth and the public purse, it may be an unrealistic one. 

laud: 称賛する 
public purse:国庫

最近のIMFポッドキャストでは小国が将来こうした問題を回避するために何をしなければならないかを議論している。1970年代には砂糖にほとんど完全に依存していたモーリシャスは迅速にその経済を多様化したことで称賛を受けた。OECDによれば、モーリシャスは輸出加工区に多くの投資をした為、製造業が活況を得た。WTOの調査により、モーリシャスにおける輸出の多様化と経済成長の間の強い関係性が判明した。それは目指すべき目標ではあるが、経済危機が成長や国庫にダメージを与えた国々にとって、それは現実的な目標ではないだろう。 

こうした小国は観光業が一つの解決策だが、モーリシャスのように製造特区をもけて、製造業を振興しようというのは例外だ。


これはニューヨークタイムズだ。 

The Reluctant Leader 
SEPT. 11, 2014 
David Brooks 

やる気のない指導者

Moses, famously, tried to get out of it. When God called on him to lead the Israelites, Moses threw up a flurry of reasons he was the wrong man for the job: I’m a nobody; I don’t speak well; I’m not brave. 

flurry of: 立て続けの 

よく知られているようにモーセは脱出しようとした。神が古代イスラエル人を導くよう彼に求めた際、モーセは立て続けに、私は取るに足らない者だ、上手く話が出来ない、勇敢ではない、など自分がその任務には適さない理由を話した。 

But the job was thrust upon him. Though he displayed some of the traits you’d expect from a guy who would rather be back shepherding (passivity, whining), he became a great leader. He became the ultimate model for reluctant leadership. 

thrust upon: 押し付ける 
trait: 特質 
whining: 泣き言 
shepherd: 羊の世話をする 世話係、指導者、牧師◆牧師などの宗教的な指導者を指すことが多い。◆【語源】旧約聖書の預言者や、新約聖書のイエスが「羊飼い」と表現されていることから。

しかし、その任務は彼に押し付けられた。彼は、受け身や泣き言など、むしろキリストを支援する人から想起される一面を見せたが、偉大なリーダーとなった。彼は後ろ向きなリーダーのための模範になった。 

The Bible is filled with reluctant leaders, people who did not choose power but were chosen for it — from David to Paul. The Bible makes it clear that leadership is unpredictable: That the most powerful people often don’t get to choose what they themselves will do. Circumstances thrust certain responsibilities upon them, and they have no choice but to take up their assignment. 

聖書はダビデからパウロまで、権力を選ぶのではなく、権力のために選ばれた人達である後ろ向きなリーダーでいっぱいである。聖書はリーダーシップは予測不能だと言っている。最も力のある人達は、大抵、彼ら自身がやる事を選ばない。周囲の環境が彼らにある責任を突きつけ、彼らはその任務を受ける他ないのだ。 

木曜日。今日はこれまで。今回はやる気のないリーダーをどうその気にさせるかという話だ。自分からはその気にならないので、背中を押してあげると言っている。そうかなあ。

昨日はメノー10の宮澤社長と会食。あとは一日中、安岡正篤先生の論語の勉強。1時半まで。今日の昼は藤田先生。今日はもう一度、大学と小学の勉強。本2冊。明日はもう一度、孟子。まだまだわからない。昔の人は偉い人たちだ。易しいことを難しく考える。ではまた明日。



swingby_blog at 10:25コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

swingby_blog

プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓