2017年05月16日

トランプノミクスはなぜアメリカを再び偉大に出来ないのか。 アメリカの大統領が衝動的であり、薄っぺらなので、法の支配ばかりでなく、経済をも脅かしている。(2)

Unleashing pent-up energy would be welcome, but Mr Trump’s agenda comes with two dangers. The economic assumptions implicit in it are internally inconsistent. And they are based on a picture of America’s economy that is decades out of date. 

pent-up:抑えられた
implicit :潜在して
inconsistent:一貫性がない

Contrary to the Trump team’s assertions, there is little evidence that either the global trading system or individual trade deals have been systematically biased against America (see article). Instead, America’s trade deficit—Mr Trump’s main gauge of the unfairness of trade deals—is better understood as the gap between how much Americans save and how much they invest (see article). The fine print of trade deals is all but irrelevant. Textbooks predict that Mr Trump’s plans to boost domestic investment will probably lead to larger trade deficits, as it did in the Reagan boom of the 1980s. If so, Mr Trump will either need to abandon his measure of fair trade or, more damagingly, try to curb deficits by using protectionist tariffs that will hurt growth and sow mistrust around the world.

biased:偏った
gauge:尺度
irrelevant:筋違いの
sow:種をまく

A deeper problem is that Trumponomics draws on a blinkered view of America’s economy. Mr Trump and his advisers are obsessed with the effect of trade on manufacturing jobs, even though manufacturing employs only 8.5% of America’s workers and accounts for only 12% of GDP. Service industries barely seem to register. This blinds Trumponomics to today’s biggest economic worry: the turbulence being created by new technologies. Yet technology, not trade, is ravaging American retailing, an industry that employs more people than manufacturing (see article). And economic nationalism will speed automation: firms unable to outsource jobs to Mexico will stay competitive by investing in machines at home. Productivity and profits may rise, but this may not help the less-skilled factory workers who Mr Trump claims are his priority.

blinkered:視野の狭い
obsessed:取り憑かれている
register:表れている
blinds:盲にしている
turbulence:乱気流
ravaging:を破壊する

The bite behind the bark
Trumponomics is a poor recipe for long-term prosperity. America will end up more indebted and more unequal. It will neglect the real issues, such as how to retrain hardworking people whose skills are becoming redundant. Worse, when the contradictions become apparent, Mr Trump’s economic nationalism may become fiercer, leading to backlashes in other countries—further stoking anger in America. Even if it produces a short-lived burst of growth, Trumponomics offers no lasting remedy for America’s economic ills. It may yet pave the way for something worse. 

indebted:債務がある
stoking:怒りを煽る
ills:病気・問題

トランプが工場をアメリカにもってこいとか、それによって雇用を増やすとかいうのは詭弁だ。メキシコに工場を持っていけなければ自動化が進行するだけだ。保護貿易にしてしまうと、短期的には国内産業を保護することになるが、それによって国が栄えるわけがない。失業が増え、借金が増え、国家が貧しくなってしまう。こんなことをしていたら、赤字がもっと増えてしまう。

トランプは経済を勉強しなければならない。彼は馬鹿ではないので、時間が経てば、周りの意見を聞いて、メキシコの壁の話は止めるだろう。米国に工場を誘致することも強制しなくなるだろう。NAFTAも継続するだろう。TPPも復活するだろう。無知すぎる。アメリカの金持ち支配を打倒することは正しいが、戦術が間違っている。

水曜日。今日は塾がある。ではまた明日。

swingby_blog at 23:13コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール
プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓