2017年06月10日

新しい協定はこの南シナ海に何を意味するのか? 中国とASEANは行動規範の「枠組み」に合意した。

What a new agreement means for the South China Sea
China and ASEAN agree on a “framework” for a code of conduct
May 30th 2017by J.F. | SINGAPORE

新しい協定はこの南シナ海に何を意味するのか?
中国とASEANは行動規範の「枠組み」に合意した。



THE long-running dispute between China and its rivals in the South China Sea centres on an apparently insoluble conflict: China’s maritime claims overlap with those of Brunei, Indonesia, Malaysia, the Philippines and Vietnam. Nobody wants to go to war; nobody wants to back down. To reduce the chances of armed conflict and give all claimants a chance to save face, the countries have ostensibly been negotiating a set of rules designed to regulate behaviour and manage tensions for decades. The idea was first mooted by the Association of South-East Asian Nations (ASEAN) in the late 1990s, after China's seizure in 1995 of a Philippine-claimed reef; since then, negotiations have proceeded haltingly. But on May 18th the two sides agreed on a framework for a “code of conduct”. It will be presented to foreign ministers in August, and will form the basis for future negotiations. Both sides congratulated themselves on their progress. But will it amount to anything? 

insoluble:解決できない
back:強い反対にあって取り消す
claimants:権利の要求者
ostensibly:表向きは
mooted:議題として提出される
haltingly:つかえながら・たどたどしく
amount:どうなるんだろうか。



If history is a guide, there is every reason to be pessimistic. In a “Declaration on the Conduct of Parties in the South China Sea”, signed in 2002, China and ASEAN promised “co-operation” and “self-restraint”, recognised “the need to promote a peaceful, friendly and harmonious environment” and said they would abide by the UN Convention on the Law of the Sea (UNCLOS), and work towards a code of conduct. Nine years later, the two sides agreed to a vague set of guidelines to implement the declaration. 

And in July 2016 China agreed to expedite talks about a code of conduct—a decision some suspect was driven by the election of Rodrigo Duterte to the presidency of the Philippines. Mr Duterte’s predecessor, Benigno Aquino, had filed a case against China with an international tribunal in The Hague, accusing it of violating UNCLOS. The tribunal ruled in favour of the Philippines. But Mr Duterte, far more favourably disposed towards China than Mr Aquino, offered to “set aside” the ruling. 

disposed:気が向いている

この記事からはその詳細はわからないが、何も進展していない。この南シナ海はアメリカが介入して、今の状態を維持しない限り、中国がどんどん占領してしまう。日本軍が介入してしまうと紛争になるので、アメリカしかいない。トランプはそうしたことはするだろう。ドウテルテ大統領はいくらアメリカを嫌っていても、アメリカの支援を得るしか方法はないだろう。アメリカの空母一隻がこの南シナ海に常駐しないと、中国はどんどん侵略してしまう。

日曜日。ではまた明日。

swingby_blog at 21:00コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール
プロフィール

海野 恵一
1948年1月14日生

学歴:東京大学経済学部卒業

スウィングバイ株式会社
代表取締役社長

アクセンチュア株式会社代表取締役(2001-2002)
Swingby 最新イベント情報
海野塾のイベントはFacebookのTeamSwingbyを参照ください。 またスウィングバイは以下のところに引っ越しました。 スウィングバイ株式会社 〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目2−22東京ベイビュウ803号 Tel: 080-9558-4352 Fax: 03-3452-6690 E-mail: clyde.unno@swingby.jp Facebook: https://www.facebook.com/clyde.unno 海野塾: https://www.facebook.com TeamSwingby
講演・メディア出演

最新記事
月別アーカイブ
Recent Comments
記事検索
ご訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

   ご訪問ありがとうございます。


社長ブログ ブログランキングへ
メールマガジン登録
最新のセミナー情報を配信します。
登録はこちらのフォームから↓